更年期障害は女性ホルモンの減少が原因!最近は若い子でも更年期障害になる?

誰しもが経験する更年期ですが、閉経を挟んだ10年前後のことを言います。

人それぞれ個人差がありますが、だいたい50歳前後と言われています。

更年期障害になる原因は女性ホルモンの減少

更年期における様々な不快な症状は、女性ホルモンにあります。女性ホルモンの1つである「エストロゲン」という8歳頃くらいから卵巣で分泌されます。

その分泌は30歳半ばくらいでピークになります。30歳半ばを迎えて以降、卵巣機能が低下するに従って、エストロゲンの量が徐々に減っていき、40歳半ばになると急激に減少します。

この変化に体がついてこれずに起こる症状が「更年期障害」と呼ばれる不快な症状です。

更年期障害はどんな症状か?

更年期障害の症状を感じるかどうかには個人差があります。不快な症状をまったく感じない人もいますし、日常生活に支障をきたすくらい重い症状の人もいます。

症状の感じ方も個人差がありますし、同じ症状でも出方やつらさが日によって違うということもあります。主な症状としては、体がだるかったりや疲れやすくなったり、手足の冷えや多汗、心がイライラしたり、不眠や不安感などがあります。

若い子でも更年期障害になる

最近では30代から40代半ばまでの女性でも、生理不順になったり、月経がなくなり、女性ホルモンの分泌が乱れている人が増えています。原因としてあげられるのが、ストレスや無理なダイエット、不規則な生活習慣などによって、若いうちから徐々に卵巣機能が低下してしまいます。

このような状態になると先程、更年期障害の症状で言った通りのことが若いうちに起こります。このことを「若年性更年期障害」と呼びます。若年性更年期障害で体の不調に悩まされた人は、更年期を迎えた時には症状がひどく現れます。

若いうちから日々のストレス解消から規則正しい生活習慣を心がけていくことが若年性更年期障害の対策になります。

更年期と上手に付き合いましょう

更年期は日本の女性平均寿命から見ると、人生の折り返し地点です。

更年期だからといって不安や恐れたりしないで、家族や友人と話すことで理解を得たり、積極的に趣味やスポーツを取り組むようにすると悩みやストレスを解消できますので、上手に乗り越えていきましょう。

自分自身でどうしたらいいのかわからない場合や更年期障害が重症の場合は、更年期障害以外にも病気が隠れている時がありますので医療機関を受診してください。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ