更年期障害ホルモン補充療法への知識!辛い更年期が軽減される

更年期に入ると症状が重ければ毎日が憂鬱で外に出るのもつらいことがある人も多くいます。

でも、現在では更年期を楽しく過ごす為にも治療法が進歩している為、治療の選択の枠も広がっています。

今回は、更年期の症状を少しでも軽くしたい人達の為にホルモン治療について説明しています。


更年期障害とは?

更年期障害とは閉経に向かって女性ホルモンの分泌が急激に減る事によって起こる症状の事です。女性ホルモンには2つの種類のエストロゲン、ポロエストロゲンがあり両方とも卵巣から分泌されます。

女性のホルモンの乱れも脳にある視床下部が司令塔になって命令し視床下部は血液中のホルモン濃度を確認してからホルモンを出すように下垂体に送ります。

更年期の障害に見られる症状はイライラ、うつ病、集中力の欠乏、無気力等があげられますが、更年期に差し掛かる年齢の時に職場の環境や家庭の環境が悪化して仕事に行けなくなったり、離婚したりという最悪の状況に陥る事もあります。

少しでも自分の体や異変があれば病院で更年期の為のホルモン治療をする事が更年期の症状を軽くします。

更年期にホルモン剤を使用して治療

更年期の症状も軽いものから重いものまで様々ですが、軽いものだと「更年期なんてあっという間に終わったし、なんともなかったわ」という人。更年期の症状の重い人だと「生活や仕事にも支障が出たため仕事を退職した」という人もいます。

イライラしたり頭痛、動悸、息切れ、ほてり、ホットラッシュなどの症状がある更年期の原因は女性ホルモンの減少ですが、それらの症状を軽くする為には女性ホルモンを補うホルモン補充剤です。

ホルモン剤の補充治療法に使われる種類とは?

ホルモン補充療法(HRT)は、減っていく女性ホルモンのエストロゲンを補充しする目的でエストロゲンとプロエストロゲンを投入し、ホルモン剤を飲む方法、ホルモン剤を貼る方法、ホルモン剤を塗る方法の3つがあります。

ホルモンの飲み薬の種類

飲み薬の錠剤の種類にはエストロゲン単剤(プレマリン・ジュリナ・エストリール等)、エストロゲンとプロゲステロンを一緒に配合した(ウェールナラ)があります。

ホルモンの貼るパッチタイプの種類

エストロゲン単剤(エストラ-ナ)、エストロゲンとプロゲステロンを一緒に配合した配合剤の(メノエイドコンビパッチ)

ホルモンの塗り薬の種類

エストロゲン単剤(ディビゲル・ルエストロジェル)

最後に

更年期を少しでも軽くしたい人にはホルモン補充療法がありますが、副作用が心配な人には漢方やプラセンタ-治療、理学療法、アロマセラピー等の考え方もあります。

1人で悩まずに少しでも症状があれば病院や専門医で相談してください。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ