自分の体に変化が生じる更年期障害のサインは何か?

女性にとって結婚や妊娠、出産は大きな変化のときです。喜びや不安、楽しさや辛さなどいろいろな気持ちが生じます。体の変化に合わせて、気持ちも整えていきます。

その後また、新たな変化に順応する必要があることに気づきます。更年期です。急に変化するので、とまどったり動揺する人が多いかもしれません。そこで、更年期の始まる時期について知っておくことは助けになります。


月経

更年期の始まりは、閉経と大きく関係があります。閉経の前に月経異常が起こりますので、月経周期が早まったり、遅くなったり、間隔がまばらになるなら変化に気づきやすいかもしれません。

また、月経の持続日数が2、3日かと思えば、2週間続いたりと日数の乱れも生じます。月経の量に関しても、多かったり少なかったりして、安定しません。もし、月経異常が生じたら、閉経に近づいているサインと見ることができます。

年齢

月経不順が始まる年齢には、個人差があります。30代後半から始まる人もいれば、50歳前半の人もいます。また、45歳前後が最も多く50歳前も多くなります。人によって違いがありますので、周囲の人の意見は参考までにして、自分の体と向き合うことが大切かもしれません。

月経不順の始まる時期の個人差を考えると、閉経も人によって時期が異なります。40代前半から少しづつ増えていき、最も多くなるのは50歳です。そして、50歳半ばに向けて少なくなっていきます。

要因

月経異常が40歳半ばから始まり続いていくなら、更年期が始まる兆候と見ることができます。月経が始まる時期は個人差がありますので、閉経年齢にも違いがありますが、月経の始まりの速さと閉経の始まりには関係がありません。

また、母親の閉経年齢にも関係ありませんので、遺伝的要因もありません。閉経が始まる年齢については、仕事・人間関係のストレスや、離婚などの家庭内問題といった環境的要因が多くあげられています。

異常

月経不順に加えて、身体的・精神的な症状があらわれます。急に顔や上半身がほてったりのぼせたり、手足の冷えがひどくなったり、大量の発汗や、動悸・脈が早まったり強くなったりすることがあります。

夜眠れないといった不眠や、理由もなくイライラするといった症状がでてきたら、更年期の始まりかもしれません。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ