更年期障害とホルモンの関係は?治療方法「ホルモン補充療法」って何?

更年期障害は、閉経前後にみられる不定愁訴の総称です。一般に不定愁訴とは、検査では異常が認められず、原因となる病気もなく、あいまいで多種多様な症状の出現であるため、客観的に捉えにくい特徴をもちます。

更年期障害の発症には、体内のホルモンの失調が関連しているとされています。


女性ホルモンのはたらきについて

更年期障害の症状は、

  • のぼせや発汗などの血管運動神経障害症状を中心とする自律神経失調症状
  • 情緒不安定やうつ状態などを中心とする神経症状

に2分されます。

この中でも、前者は主としてホルモンの失調に関連しており、症状が固定されています。ホルモンとは、体内で分泌され、様々な臓器のはたらきを左右する物質です。

女性特有のホルモンとしてエストロゲンやプロゲステロンなどがあり、これらを総称して女性ホルモンと呼びます。女性ホルモンは、月経や妊娠に関係した様々なコントロールやサポートを行っています

女性ホルモンは、脳からの指令によって卵巣から分泌されます。また卵巣には、女性ホルモンの分泌量を脳に伝える役割もあり、脳は女性ホルモンが少ない時は多く出すよう、逆に女性ホルモンが多い時は分泌を抑えるよう、女性ホルモンの量を調整しています。

更年期障害と女性ホルモンの関係とは?

更年期になると、卵巣機能が低下するため女性ホルモンの分泌量が減ります。すると、脳は女性ホルモンを分泌させるよう指令を出します。

本来ならその指令で女性ホルモンが分泌されますが、卵巣の機能が低下しているため女性ホルモンは分泌されません。その状態を繰り返すうち、ホルモンや自律神経の乱れが生じて、ほてりやめまい、動悸などの自律神経症状や、イライラなどの神経症状が生じてきます。

その症状が更年期障害につながるのです。

治療方法である「ホルモン補充療法」とは?

更年期障害には、消退したホルモンを補うホルモン補充療法(HRT)があり、エストロゲンやプロゲステロンなどのホルモンを投与する治療方法があります。

副作用として、乳がんのリスクを高めてしまうことがあり、また禁忌として、エストロゲン依存性の悪性腫瘍(子宮体がんや乳がんなど)、またはその疑いがあるもの、原因不明の出血、血栓性疾患、重症の肝機能障害などが挙げられます。

そのため、ホルモン補充療法の選択にあたっては、医師が十分にそのリスクも含めて説明し、患者が自らの判断で意思決定を行えるようにしていくことが重要です。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ