更年期障害の頭痛は何故起きるのか?身体の冷えには特に注意!

更年期障害の症状で一番多いのが、頭痛です。

その頭痛は何故起きてしまうのでしょうか?そして、その痛みを軽くする為の方法はあるのでしょうか?

更年期障害の時の頭痛の症状と、痛みを軽減する方法を紹介します。

何故、更年期に辛い頭痛が起きてしまうのか?

女性は頭痛持ちの方が男性にくらべると多く、6割の方が起きています。更年期障害における頭痛の原因は、女性ホルモンである「エストロゲン」の流れが悪くなり、脳への血流が減る為であります。

女性ホルモンのバランスが乱れる事で、自律神経の乱れが起きて血流が悪くなるのです。更年期障害の最初の症状として、「偏頭痛」と「緊張型頭痛」があります。

「偏頭痛」は、血管が拡張する事で頭の片側、または、全体がズキズキ痛む症状で、「緊張型頭痛」は、肩凝りや、眼精疲労により、頭を強く締め付けらる様な症状の頭痛です。

更年期障害における頭痛には、どんな対処法があるのでしょうか

あまりにも頻繁に起きる頭痛や、強い痛みがある時には、医療機関での受診が先決です。

が、軽い痛みでも、頭痛は不快なものです。少しでも軽くする為には、何に気をつけた方がいいのでしょうか。・筋肉をほぐす血流が滞ると筋肉が緊張し、首や肩が硬くなり、頭痛を引き起こします。

また、同じ姿勢での作業や、目を多く使う作業においての眼精疲労で起きる、神経の緊張からも頭痛が起きます。なので、日頃から肩を回したり、腕の上げ下げをしたり、目の回りのマッサージをする等して筋肉をほぐす体操をする事を心がけましょう。

身体を冷やさない様にする冷えは女性の大敵です。特に更年期の女性には手足が冷たくなる方が多いです。冷えの中でも下半身の冷えは、よくありません。夏場でも、冷房などの影響や、裸足で過ごす事で、知らないうちに下半身が冷えてしまっています。

室内で、冷房がかかっているところでは、靴下を履いたり、膝掛けをする、上はカーディガンを羽織る等して身体を冷やさないようにしましょう。

また、シャワーだけで済ます人がいますが、寒い時期だけではなく、暑い時期でも身体が冷えている場合があるので、低い温度で良いので、湯船にゆっくり浸かり身体を芯から温めるようにしましょう。

頭痛が酷い時には、身体を休めるようにしましょう

頭痛が起きた時には、強い光を浴びる事で痛みが増す事があります。なので、なるべく部屋を暗くして、静かな環境を作り横になって休む様にするのがベストです。

パソコンや携帯はほどほどにして、リラックスした状態をつくり、目を温めたりして休むのも効果があります。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ