イライラして夫や子供にあたってしまう!更年期障害の不安感やいら立ちに対処するには?

意味もなく気分がふさぐ、イライラして夫や子供にあたってしまう…もしかしたらそれは更年期の症状かもしれません。

一般的に更年期は45~55歳くらいの女性であれば、だれでも程度の差はあれ経験します。

体の不調を訴える人もいれば心の不調となってあらわれる人もいます。


なぜ心の不調が生じるのか

女性の体の機能を正常に保つホルモンエストロゲンといい、このホルモンには感情を安定させる作用があります。中年になるにしたがい、このエストロゲンの分泌が不安定になり徐々に減少しくため、ある人たちは感情のコントロールが利かなくなり不安感を訴えたり、いらだちとなってあらわれます。

またこの年代は大きく環境の変化生じるときでもあります。子供の独立、親や親族の死、パートナーとの関係、ストレスとなる要因が多々あります。そして、自身の体の衰えを感じ、もう若くないことを突きつけられる年代でもあります。

そういった様々な要因が重なると心が対処できなくなり、オーバーヒートを起こします。

更年期の不安感に対処するためにできること

まずは、生活のペースを見直しましょう。年齢的に一番まわりから頼りにされ、働きざかりとみられる年代です。

しかし自分の限界を自覚し、周りにもそれを伝え、全体にペースダウンをこころがけ、ゆとりをもって予定を組みましょう。

自分ではどうしようもないと感じるなら、ためらわず婦人科へ行くことをおすすめします。パートナーと一緒に行ってもらえるなら、なお良いでしょう。

「女性外来」「更年期外来」という科を設けている病院であれば、専門医が、相談に乗ってくれ、必要であれば投薬などの治療を行ってくれます。

家族の理解を得る

病院に家族と一緒に行ってもらえるなら理解が早いです。それが無理なら、落ち着いた環境の下で話し合い、自分の今の状況を知ってもらうようにしましょう。

ある女性は更年期、感情的な不安感が強く、泣いてばかりいました。しかしそんなとき娘さんが良くドライブに連れ出してくれて、すごくうれしかった、と言っておられました。今はそのつらい時期も過ぎ、第二の人生を謳歌しておられます。

40、50代は体も環境も大きく変化する時です。更年期は、人生の後半を迎えて心の調整をはかるときだと考え、おおらかな気持ちで乗り切りましょう。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ