更年期障害の症状は?50代なら知っておきたい女性ホルモンの話!

女性の50代なら誰でも耳にする更年期障害ですが、日本ではまだ知られていないことが沢山あります。実際どのような症状があるのか?なぜ様々な症状が急に現れるのか?50代に多く現れることでも知られている更年期障害の主な症状や原因を詳しく紹介していきます。

原因を知り、適切な治療法を見つけることで、より健やかな更年期を過ごせるように役立つ情報が満載です。

女性のリズムが変わる時期!更年期とは?

更年期とは閉経がおこる約前後10年間の事で、40代後半から50代前半のことを指すのが一般的です。生活にも様々な変化の見られる時期でもあります。

生殖機能の変化

日本人女性は40代に入ると約5%の女性に生理不順がみられ、女性の体は徐々に女性ホルモンの分泌を減少させていきます。40代後半から閉経する人がみられるようになり、平均閉経年齢は50代前半だといわれています。

生活のリズムの変化

更年期の時期は子供の独立・夫の定年・親の介護など生活のリズムが急激に変わる時期でもあります。生活のリズムの変化による精神的ストレスや家庭や職場でのストレスなども加わって、更年期障害が現れることもありあます。

自律神経失調症のひとつ?50代に現れる更年期障害!

更年期障害はホルモンバランスの乱れも関与しているため、自律神経失調症のひとつであると考えられています。
50代の更年期障害はどのようなものなのでしょうか?

個人差のある更年期障害

50代の更年期の女性に更年期障害の症状が必ず現れるわけではありません。症状の出方や強さには、大きな個人差があるのが、更年期障害の特徴のひとつです。全く症状が現れない人や、症状が酷くて日常生活に支障のある人など様々です。

個人差の原因

更年期障害の起こる差は、若いころに行った無理なダイエットや不規則な生活・食事によってホルモンバランスが乱れていることが原因のひとつなので、安心して更年期を迎えるためには、生活習慣の見直しが必要です。

50代の女性の悩み?更年期障害の症状を知る!

更年期障害とひとことでいっても様々な症状が現れます。全身症状から精神的な症状まで主な症状を知ることで、自分の体の変化に対応できるようにしましょう。

全身症状

ほてり・のぼせ・胸の痛み・多汗・めまい・肥満・むくみ・頭痛・冷え・頻尿・抜け毛

運動器官系の症状

肩こり・腰痛・手足のしびれ

精神的症状

イライラ・不安・うつ・神経質・睡眠障害・意欲低下・記憶力低下

生殖器系の症状

月経異常・不正出血

消化器系の症状

吐き気・嘔吐・食欲不振・喉の渇き

このような様々な症状を起こすのは何が原因なのでしょうか?

ホルモン分泌の減少する50代!更年期障害の原因は?

女性は閉経にともない卵巣の働きが衰えていきます。そして女性ホルモンである「エストロゲン」の分泌が急激に減少することでおこるのが更年期障害です

エストロゲンの減少

エストロゲンの分泌量が減少すると、今までエストロゲンによって調整されていた様々な機能がうまく働かなくなってしまいます。またエストロゲンが低下すると脳は卵巣にもっと女性ホルモンを出すよう命じます。これが原因で脳が不要な興奮をしてしまい自律神経の調節までうまくいかなくなってしまうのです。

自律神経の混乱

女性ホルモンが減少しても、脳が指令を出し続けた結果自律神経が混乱してしまい、様々な症状が現れます。自律神経は血流をコントロールして体温調整を促し、体の機能を正常に保つ為の働きを持っているので、自律神経の働きが鈍ると冷えや血行不良を起こして、肩こりや腰痛、大量の発汗などの症状が現れます。

50代に効果的な治療法は?4つの改善策を紹介!

更年期症状かな?と思ったら、まずは病院で受診することをおすすめします。そして病院の医師と更年期障害の治療方針についてよく相談のうえ治療を始めましょう。

    <更年期障害の4つの治療法>

  • ホルモン補充療法
  • 漢方薬
  • 低用量ピル
  • 生活習慣・食生活の見直し

ホルモン補充療法

一般的な更年期障害の治療法はホルモン補充療法です。ホルモン剤には経口剤(飲み薬)と経皮剤(張り薬・塗り薬)とあり、経皮剤は皮膚から吸収され直接血液中にはいるため胃腸に負担がかからないメリットがあります。ただかゆみやかぶれなどの皮膚トラブルの起きるデメリットもあるので注意が必要です。

ホルモン剤に代わる治療法

また漢方薬・低用量ピルなどを活用してホルモンバランスを安定させる治療を行う事もあります。症状によっては生活習慣や食生活を見直すこと(お酒やたばこを控える・運動する・栄養をバランスよく摂取する)で症状の改善が見られることもあります。

まとめ

50代で起こる更年期障害についてまとめてきましたが、よく似たまぎらわしい症状もあり、中には重篤な病気に発展する恐れのある症状もあります。自分ひとりで更年期障害だと判断せず、まずは病院で正しい診断をしてもらうことが大切です。

また自覚症状がない人でも食事や運動など健康に気をつかうことでより健やかな50代を過ごせるように心がけ、更年期障害に悩んでいる人はひとりで悩まずに周りの友人に打ち明けてみたり、医師に相談してみたりしましょう。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ