つらい更年期障害!症状の現れる期間はいつからいつまで?

様々な症状が次々現れる更年期障害。心身ともにすぐれない日々が続くと参ってしまいます。更年期障害の現れる期間はいつ頃なのでしょうか。

なかなか理解してもらえないのが更年期の辛い症状。人によって期間も症状の種類も重さも違うのが更年期障害の厄介なところです。一般的にはいつごろ始まりいつごろ終わるのか?更年期障害の現れる期間について解説します。

更年期障害の始まる時期は?更年期とはいつから?

更年期っていったい何?

更年期という言葉、女性なら必ず耳にしたことがあります。そのイメージは決してポジティブなものではありません。辛い心身の症状や女性としての魅力的な期間の終了を知らせるサイン。そんなマイナスイメージで捉えられているのが更年期です。

更年期の医学的な定義

更年期とは、医学的には「閉経を挟んだ前後10年間」を指します。個人差はありますが、日本人女性の平均閉経年齢はおよそ50歳です。つまり40代後半から50代半ばにかけての期間を更年期と呼ぶのです。

更年期障害の現れる期間は?

更年期に現れる様々な不快な症状を更年期障害と呼びます。更年期障害の症状は個人差が非常に大きく、他者に理解されにくいという問題を持っています。そのような更年期の辛い症状が現れるのはいつ頃なのでしょうか?

ひっそり始まりひっそり終わる

更年期に入ったからと言ってすぐに更年期障害の症状が顕著に現れることはありません。更年期の原因となるのは女性ホルモンです。ホルモンの分泌というのは緩やかに上昇下降を行っていきます。そのため「思えば最近調子が悪い気がする」というようなあいまいな症状が自覚なく現れてくるのです。

更年期障害が始まる期間は40代からが多いですが、緩やかに自覚なく始まっていくのが特徴です。一般的には閉経時期に症状のピークを迎え、閉経後に緩やかに症状が消失していきます。

更年期障害の終了はいつ?閉経との関係とは?

閉経がターニングポイント

更年期は閉経後5年までです。閉経によって女性ホルモンの分泌量が激減していきますから、それに伴って更年期障害の症状も落ち着いてくるのです。

一般的には閉経によって更年期障害は軽減または消失していきますが、そのスピードには個人差があります。

まだ若いから大丈夫?若年性更年期とは?

若年性更年期とは?

まだ更年期にはなっていないからと言って安心してもいられません。現代女性はストレスにさらされる機会も多く、ホルモンバランスが乱れがちになっています。

ですから、年齢的には更年期とは呼べなくても更年期障害の症状が現れることもあるのです。これを若年性更年期といいます。医学的には「卵巣機能低下症」と呼ばれます。

若年性更年期の期間

若年性更年期とはいつごろまでの期間を言うのでしょうか?卵巣機能は20代後半から30代前半にピークを迎えます。妊娠・出産に最適な時期です。このころに卵巣の機能が十分に働かないと、卵巣から分泌される女性ホルモンの量が不足してしまいます。

それによって更年期障害と似た症状が現れるようになってしまうのです。20代後半~30代で更年期障害の様な症状に悩まされる場合を若年性更年期と呼びます。

初潮や出産との関連は?生理と更年期の関係性!

女性ホルモンと密接な関係にあるのが更年期障害です。それでは生理周期や出産経験などは更年期障害と関係があるのでしょうか?

基本的には無関係

  • 初潮が早いと閉経も早い
  • 出産経験がないと更年期障害は軽く済む
  • 高齢出産では更年期障害が重くなる
  • 生理が重い人は更年期障害も重くなる

このような情報がよく聞かれます。ですが根本的には更年期障害と初潮の時期や出産経験、月経時の症状とは因果関係は認められていません。生理や妊娠も女性ホルモンによっておこる現象ですが、それらが更年期障害の症状に影響を与えることはないのです。

間接的な影響を与える可能性はある

女性ホルモンはとても繊細で、ストレスなどによって簡単にバランスに乱れが生じます。ですから個人の置かれている状況によっては間接的に更年期障害の症状に影響を与えることもあります。

つらさは人それぞれ!どんな症状が出るの?

更年期障害の症状は非常に多彩です。精神的な症状がメインの人もいれば身体的な症状が顕著に現れる人もいます。時期によって症状が変わったり、その重さも変化します。
一般的には

  • イライラ
  • 憂うつ
  • のぼせ
  • 手足の冷え
  • 多汗

などの症状が多くみられます。

理解してもらえない辛さ

このように更年期障害の症状には万人に共通のものがなく、非常に個人差が大きいのが特徴です。ですからつらさを理解してもらうことが難しく、それがさらにストレスを招くという悪循環になることも頻繁にみられる現象です。

更年期終了後はもう女ではない?そんなことはありません!

更年期と呼ばれる期間は約10年間にも及びます。その期間が終了すると「老年期」と呼ばれるライフステージへと移行していきます。症状が落ち着いたことの喜びもありますが、「自分はもう女ではない」という自信の喪失も大きな問題として現れます。

女性特有の機能である妊娠・出産。その機能を果たすことのできなくなった人は「女性」ではないのでしょうか?

決してそうではありません。更年期を終えた女性の持つ女性としての役割は確かに存在しています。それは「女性や母親を育てること」です。更年期を乗り越え、女性として多くの経験を積んできたからこそ見える景色もあるのです。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ