更年期障害でエストロゲンが減少するのは?自然な体の変化です

更年期障害の原因とされるエストロゲンの減少はなぜ起こるのでしょうか?エストロゲンの減少が更年期障害の原因ならばそれをストップすれば更年期障害は治るという事ともとれます。一体エストロゲンが減少するのは何のためなのでしょうか?

更年期に入ってエストロゲンが減少するのは女性の体の自然な変化の一つであり誰もが避けられない現象なのです。更年期障害とエストロゲンの関係について詳しく調べてみましたので参考にして下さい。

エストロゲンとは?妊娠に重要なホルモン

更年期障害の原因と言われているエストロゲンとはどのようなものなのでしょうか?エストロゲンとは女性ホルモンの一つで女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンという二つのホルモンがあるのです。

エストロゲンの働きは?

エストロゲンの働きは子宮や卵巣の働きを活発にしたり、自律神経のバランスを保つ働きをなどがあります。そしてエストロゲンが分泌される事で排卵のメカニズムも働くのです。要は女性にとって妊娠という体の働きに重要な働きをするものなのです。

エストロゲンはどこで分泌されるの?

そもそもエストロゲンというホルモンはどこから出てくるのでしょうか?女性ホルモンとは脳からの指令で卵巣から分泌されています。そしてその女性ホルモンに卵巣が反応する事で卵胞の一つが成熟し始めてその過程でエストロゲンが分泌されるのです。よってエストロゲンは別名卵巣ホルモンとも呼ばれるのです。

プロゲステロンとは?

プロゲステロンも同じく妊娠する上で重要な役割を担っているホルモンで基礎対応を上昇させ、妊娠の維持や乳腺の形成などの働きを担うホルモンなのです。

更年期とエストロゲンの関係は?更年期障害の原因です

更年期になるとエストロゲンの分泌に影響が出るのですが、その理由はどのようなことからなのでしょうか?更年期になると卵巣の機能自体が衰えてくる事が原因なのです。

卵巣機能が衰えると?

更年期になると卵巣機能が衰えてくるのですが、それに伴い脳からの指令をいくら受けても卵巣では十分なエストロゲンを分泌する事が出来なくなってくるのです。

エストロゲンの分泌が低下すると?

エストロゲンの分泌が低下してきた体の中で起きる事は、その事を察知した視床下部や下垂体からエストロゲンの分泌が行われるように性腺刺激ホルモンをより多く分泌し始めます。しかしいくらやってもエストロゲンが分泌されない為、視床下部はある種のパニック状態となってしまうのです。

視床下部がパニックになると?

視床下部がパニック状態になってしまうと視床下部は自律神経の中枢でもある為、自律神経にも乱れが生じ始めてしまうのです。この症状が更年期障害と言われる色々な症状として現れるようになるのです。

更年期とは?自然な体の変化です

更年期障害などで使われるこの更年期とはそもそもいつの事を言うのでしょうか?更年期とは実は思春期などと同様で自然な体の変化の起きる時期の事なのです。

体の変化とは?

更年期における体の変化とは妊娠出来る体から妊娠しない体への変化の時期に当たるのです。よって卵巣の働きが徐々に衰え始めて閉経を持ってその機能は完全にストップするのです。すなわち妊娠や出産という体の負担から解放される変化とも言えるのです。

更年期の年齢とは?

更年期の年齢とは平均的には卵巣の働きのピークが30歳と言われ、そこから緩やかに衰えて50歳位にかけて閉経を迎えるのです。よってこの閉経の前後5年間、45歳から55歳位までを更年期と呼んでいるのです。

変化を知るには?エストロゲンの基準値でわかります

更年期といっても個人差があり卵巣機能の低下も見た目ではわかりにくいものですが、エストロゲンの分泌量を知る事は出来るのでしょうか?

エストロゲンの分泌を知るには?

エストロゲンの分泌量を知る方法は実は簡単で血液検査で調べる事が出来るのです。但しエストロゲンの分泌量は生理周期などによっても数値が大きく変わる事があるのでエストロゲンの分泌量を知る為には一回の検査だけでは無く継続して調べる事が大事となります。

エストロゲンの基準値は?

調べてみたは良いけれど基準がどれ位なのかを知らなければ多いのか少ないのか分からないですよね。エストロゲンの概ねの基準値は次の通りとなります。

    <エストロゲンの基準値>

  • 卵胞期25~195pg/ml
  • 排卵期66~411pg/ml
  • 黄体期40~261pg/ml
  • 閉経後40pg/ml以下

エストロゲンが基準値よりも低い場合?

閉経後では無いのにエストロゲンの値が基準値よりも低い場合に考えられる原因は無排卵、発育不全、黄体機能不全という事が考えられます。基準値から大きくずれている場合は生殖器官に疾患が生じている場合もあるので注意して下さい。

エストロゲン不足になってしまったら?イソフラボンがベスト!

エストロゲンが不足すると更年期障害の症状は発症するようになります。よってその症状を軽減する為にはエストロゲンの補充が必要となります。

エストロゲンの補充には注意が必要

エストロゲンの補充には実は医療用品からサプリメントまで様々な方法が存在します。しかしエストロゲンの過剰摂取にはある程度のリスクもあるのです。そのリスクとは血液を固めてしまう作用があるという事なのです。よってエストロゲンの過剰摂取は控えた方がいいのです。

理想の補充方法は?

エストロゲン不足を補うための理想の方法は大豆イソフラボンという栄養素を意識して取るという方法なのです。イソフラボンはエストロゲンと同様の働きをすると言われている栄養素なのです。そしてイソフラボンは大豆に含まれている為に普段の食事などでも手軽に摂取する事が可能なのです。

    <イソフラボンを含む食材>

  • 納豆
  • 大豆飲料
  • 豆腐
  • 油揚げ
  • 大豆煮
  • きな粉
  • 味噌

まとめm

更年期障害に原因と言われるエストロゲンの減少は実は女性の体の自然な変化の一つであったのです。要は妊娠出来る体から一定の年齢を経て妊娠するという体にとって負担のかかる状態を脱してより負担のかからない体への変化の時期が更年期なのです。

但しエストロゲンの減少は自律神経の働きにも影響を与えるため、いわゆる更年期障害を発症するのです。この症状はできる事なら無い方がいいのですが、自然の摂理の為に避けて通る事は出来ないのでできる限りエストロゲンと似たような働きをしてくれるイソフラボンを意識して摂取する事が予防方法となるのです。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ