更年期障害のピークはいつ?閉経を迎える前後約3年間

更年期障害の症状は、非常に幅広く一度始まるととても長期に渡って辛い症状が続くのですが、ピークとなる時期はあるのでしょうか。

更年期障害のピークの時期は、一体いつなのでしょう。知る限り更年期障害の発症する時期には個人差があります。しかし、一般的な更年期障害のピークの時期はいつであるという事がわかれば少しは安心して対応できるので更年期障害のピークについて確認してみました。

更年期とは?閉経前後の10年くらい

更年期障害の時期に当たる更年期とはどの時期を指すのでしょうか。意外と知らないこの更年期とはいつのことなのでしょうか。

更年期の時期は?

更年期の時期とは女性の閉経を含む前後10年間の期間を言うのです。閉経とは女性が妊娠や出産を終えた生理が完全にこない状態になる事をしめします。

更年期の平均年齢は?

更年期の平均年齢とは日本人の場合は、閉経を迎える平均年齢がおおよそ50歳なので、更年期は45歳から55歳くらいまでとなります。もちろんこれはあくまでも平均なので個人差があるのと理解しておいてください。

更年期障害とは?不快な症状

更年期障害とは、どのようなものなのかを解説していきます。

更年期障害の原因は?

更年期障害とは、閉経に伴う女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減少することに伴いホルモンバランスが崩れ、それに伴って心や体にあらわれる様々な不快な症状の総称を指しています。

更年期障害の症状は?

更年期障害には個人差があるのですが、具体的な症状としては次のようなものが挙げられます。

    <更年期障害の主な症状>

  • ホットフラッシュ、ほてり、のぼせ
  • 不定愁訴
  • 胸の痛み、動悸
  • 多汗、汗が止まらない
  • めまい、ふらつき、耳鳴り
  • 倦怠感、すぐ疲れる
  • 肥満、痩せ、むくみ
  • 頭痛、頭が重い
  • 冷え
  • 頻尿、尿漏れ
  • 抜け毛、薄毛
  • 肩こり、腰痛、手足のしびれ
  • 神経質、イライラ
  • 不安、鬱症状
  • 睡眠障害
  • 意欲低下

更年期障害のピークとは?閉経が折り返し

更年期障害は辛い症状なのですが、その症状がでる期間やピークとなる時期とはいつなのでしょうか。

更年期障害の期間とは?

更年期障害は症状についても個人差があるのと同様に期間についても個人差があります。更年期障害の症状を一般的に感じるのは5~6年であることがほとんどです。そして症状を強く感じるのは3年程度となります。

強く感じるピークは?

更年期障害の症状を強く感じるピークの時期は一般的には閉経前後の3年間となります。閉経が更年期障害の折り返し地点であると言えるのです。

閉経の時期に起こる事は?

閉経が近づくと女性の体には色々な変化が起こります。閉経が近づいてくると生理が乱れ始めたり、間隔が数ヶ月空くようになったり、逆に数週間で生理が来たりします。そして出血の量も多かったり、少なかったりするようになるのです。1年間生理がこなくなると、いよいよ閉経とみなされるのです。

更年期障害はいつまで?徐々に終わる

更年期障害は閉経したらピークは徐々に治まりますが、症状がピタッと終わるわけではありません。更年期障害とはいつまで続くのでしょうか。

徐々に治る?

更年期障害の症状は閉経を境にして徐々に軽くなっていくのが一般的です。ただし、その症状の治り具合には個人差があるので気にしすぎないことが大事です。更年期障害は、ある日突然治っているというものでは無いので気長に付き合っていくという気持ちが必要です。

気にしすぎると?

閉経が終わって中々症状が治らないとやはり気にしてしまう人もいます。しかし、気にしすぎるとイライラが余計にストレスとなり、これが更年期障害の症状を重くしてしまうケースもあるので気をつけるようにしてください。

更年期障害の対策は?生活習慣の見直し

更年期障害はピークである閉経を境におおよそ10年間という非常に長期間に渡り辛い症状と付き合って行かなければならないのです。そこで少しでも症状を低減させるために有効な対策とはどのようなものがあるのか見ていきます。

生活習慣に見直し

ホルモンバランスの乱れが原因となっている更年期障害なのでこれ以上バランスを乱さないようにする事が1番重要な事なのです。その中でも生活習慣を規則正しくするということは非常に大事なことなのです。

体を休める

更年期障害の症状を悪化させない為に必要なこととしてストレスをなるべく増長しないという事も必要なのです。ストレスを増長する原因の一つが睡眠不足や疲労なので睡眠や休息をなるべくたっぷり取るように心がかけてください。

運動習慣を作る

運動習慣がある人はストレス解消の度合いが強く、また更年期障害の症状や発症リスクは低くなるというデーターも公表されている通り、運動習慣を作る事は有効な対策となるのです。

栄養を気にする

更年期になると基礎代謝が落ちていくのでそれを補う為に高タンパク低脂肪の食事を心がけ、タンパク質、炭水化物、脂質、ビタミン、必須ミネラル、必須アミノ酸の6大栄養素をバランスよく摂取する事が大事なことなのです。

まとめ

更年期障害とは、ホットフラッシュを初めとしたほてりやのぼせなどといった非常に辛い症状があらわれるのですが、その症状が現れる時期は更年期であり、その症状のピークは閉経前後となるのです。通常閉経の平均年齢は50歳となるので45歳くらいから55歳くらいが更年期障害の時期となり50歳くらいがピークの時期となるのです。

更年期障害はピークを過ぎても急にピタッと治る症状ではないので気長に付き合って行かなくてはなりません。その為には生活習慣の見直しや睡眠習慣、食事習慣などの改善が効果的となるのです。一つ一つを早めに見直し有効な対策をうって行く事をお勧めします。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ