頭がズキズキ痛む!更年期障害の緊張型頭痛の原因と対策

年齢に関わらず、頭痛に悩まされる女性は少なくありません。女性に頭痛が起きやすい原因のひとつに女性ホルモンが関係しています。

特に偏頭痛と呼ばれる頭の片方だけがズキズキと痛む頭痛は、エストロゲンの急激な減少によって起きるので、生理前に多く発症します。更年期障害の頭痛も女性ホルモンの減少が大きく関係しています。今回は更年期に起きやすい頭痛の特徴と対処法を紹介します。

更年期に多い頭痛のタイプは?緊張性頭痛とは

更年期に頭痛に悩まされる女性は多く、その症状や原因は人それぞれです。いつも頭が重く感じる、殴られたようにガンガン痛む、頭の片方だけズキズキ痛むといったタイプの違いや頻度もさまざまです。更年期障害の頭痛は主に偏頭痛と緊張性頭痛が挙げられます。

片方だけズキズキ痛む偏頭痛

偏頭痛の特徴は頭の片側だけズキズキと痛むことです。偏頭痛の原因は頭の血管が拡がって周囲の神経に拍動が伝わることによって起きます。三叉神経という大きな神経が刺激を受け、それが大脳へ伝わり痛みとして認識します。この際、他の神経を刺激することもあるので、嘔吐や光や音に敏感になるなどの症状も起こりやすくなります。

女性ホルモンの減少は偏頭痛と大きく関係しています。更年期に偏頭痛が起きやすくなるのも女性ホルモンのエストロゲンの急激な減少が誘引です。そのため、女性ホルモンが安定している妊娠中やエストロゲンの少ない状態に体が慣れてくる閉経後は偏頭痛の頻度が減ったり症状も軽くなることが多いのです。

ぎゅっと締め付けられる緊張性頭痛

緊張性頭痛の特徴は、こめかみをぎゅっと締め付けられるような痛みがあることです。主な誘因は精神的・肉体的ストレスで頭を支える筋肉が凝り頭痛が発生します。年代問わず訴えの多い頭痛です。

    <緊張性頭痛を引き起こす主な誘引>

  • 長時間同じ姿勢でいるための凝り
  • 眼精疲労
  • 無理な態勢による首まわりの凝り
  • 睡眠時の姿勢の悪さ
  • かみ合わせが悪い
  • なで肩
  • 精神的なストレス
  • 不眠

更年期の頭痛の原因は?環境を見直しましょう

更年期障害の頭痛はエストロゲンの急激な減少が主な誘引ですが、日常生活を見直すことによって改善されることもあります。

眼精疲労など目のトラブルが原因?

スマホやPCの見過ぎや長時間の読書は眼精疲労を引き起こします。更年期世代は視力が変化する時期でもあるので、目の疲れやかすみが気になり始めたら眼科で視力を確認してもらいましょう。度の合った眼鏡や老眼鏡をかけたら頭痛が改善されたということもあります。

肩こりや首筋の凝りがひどくない?

長時間同じ姿勢でいると肩や首が凝り、血行が悪くなって頭痛が起こることがあります。更年期の不調で運動不足が重なるとさらに悪化します。

耳鼻科系yや歯のトラブルはない?

蓄膿症でいつも鼻が詰まっている場合や、中耳炎など耳の病気なども頭痛の原因になります。虫歯、歯周病など歯のトラブルが原因のこともあります。少しでも気になることがあったら病院で診てもらいましょう。

ストレスが長く続いていない?

特にこめかみがぎゅっと締め付けられるような緊張性頭痛はストレスを大きく関係しています。更年期には、仕事の変化や子供の結婚、独立、介護や老親との同居など環境の変化が起きやすく、知らず知らずのうちにストレスが溜まっていることがあります。

更年期の頭痛の治療法は?原因別対処法

頭痛はさまざまな原因で起こりますが、検査をしても異常がなく更年期障害の症状だと判断された場合は対症療法が必要になります。

鎮痛剤で痛みを和らげる

痛みがひどい時は我慢しないで鎮痛剤を服用することも良いですが、長期間の服用は胃に負担がかかるので注意が必要です。

漢方薬で症状を緩和する

漢方薬で自律神経の乱れを整えたり血流を良くすることで頭痛を緩和していきます。更年期障害に効く生薬を配合した漢方薬がおすすめです。

鍼灸で凝りをほぐす

首や肩の凝りが原因となっているときは鍼灸やマッサージも有効です。

精神安定剤やカウンセリングで心のケア

更年期に起こりやすい不眠や、過労、過度のストレスが原因となっている場合は精神安定剤やカウンセリングが必要なときもあります。

更年期の頭痛予防にはこれ!食事で改善

頭痛など更年期障害の改善にはバランスの良い食事など生活の見直しが大切です。更年期に積極的に摂りたい栄養素や頭痛予防に良いとされる栄養素を紹介します。

大豆イソフラボンは女性の味方

更年期障害の頭痛は女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少することが原因になっていることが多いので、エストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンを積極的に摂るようにしましょう。

偏頭痛予防にマグネシウムとビタミンB2

偏頭痛を起こしにくくする栄養素としてマグネシウムとビタミンBが知られています。

    <マグネシウムを多く含む食材>

  • 大豆製品
  • 海藻類
  • ナッツ類
  • 緑黄色野菜
    <ビタミンB2を多く含む食材>

  • 豚レバー
  • 鶏レバー
  • 牛レバー
  • うなぎ
  • 牛乳

摂り過ぎに注意する食材

食材の中で、血管拡張作用のある成分を含んだものや血管拡張物質などが含まれているものは注意が必要です。

    <避けたい食材>

  • ポリフェノールを多く含むもの(赤ワイン・チョコレート・オリーブオイル)
  • 亜硝酸ナトリウムを含むもの(ハムなど)
  • チーズ
  • 柑橘類
  • うま味調味料

おすすめ3選!更年期の頭痛に効く漢方薬

更年期障害の頭痛を緩和には漢方薬もおすすめです。自律神経を整える作用のあるものや血流を上げる作用のある漢方薬で頭痛を和らげる効果が期待できます。

釣藤散(ちょうとうさん)

血圧が高めで慢性的な頭痛のある人、またストレスによって血圧が上がる人に向いています。気血を整える作用。

呉茱萸湯(ごしゅゆとう)

冷えがあってズキズキ頭が痛む人、はき気、嘔吐を伴う頭痛がある方に向いています。冷えを取り除くことで頭痛を改善します。胃腸が弱い人にも向いています。

桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)

生理前に頭痛がひどくなる人、足は冷えているのにのぼせを感じる人に向いています。痛みを緩和する成分が配合されているので生理痛にも効果があります。

また、更年期に起こるさまざまな症状に効果が期待できる加味逍遙散(かみしょうようさん)で体のバランスを整えることで頭痛が緩和されることもあります。

まとめ

頭痛はさまざまな原因で起こります。脳の血管の収縮や拡張によるものや耳鼻科や歯のトラブル、筋肉の緊張やストレスが絡み合っていることもあります。更年期には女性ホルモンの急激な減少により、それまで以上に頭痛で悩まされることが多くなります。

痛みが強く日常生活に支障をきたすほどであれば鎮痛剤で和らげることも必要ですが、長期間服用すると胃腸に負担がかかります。また、更年期障害ではなく他に原因があることも考えられますので、心配な場合は受診しましょう。

更年期障害の頭痛である場合は、頭痛のタイプを知り原因を取り除くことによって緩和されることもあります。生活環境の見直しや食事の改善、漢方薬なども効果的です。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ