更年期障害の原因はエストロゲンの減少だった!更年期障害の治療法は?

女性の更年期障害の悩みは多くの方が抱えているのではないでしょうか。

更年期障害とは閉経前の45才~55才前後に起きる現象のことで、個人差はありますが、身体の不調を訴える女性は数多くいます。

では、更年期はどのようにして起こるのでしょうか?


エストロゲンとは何か?

女性ホルモンには、エストロゲンと言う名前の卵胞ホルモンがあり、卵胞の成熟、排卵の促進、子宮内膜の増殖を行っています

このホルモンは卵巣で作られ、思春期にはエストロゲンの分泌が盛んになり発達して月経がスタートします。それからエストロゲンは安定した分泌量で排出され、定期的な周期の月経になります。

しかし、45才を過ぎると減少し始めます。これが更年期障害の原因となっているのです。月経が停止する時には、エストロゲンは急激に減少していきます。

女性ホルモンを改善するにはエストロゲンが鍵

では、減っていく女性ホルモンを改善するにはどのようにすれば良いのでしょうか。

簡単に女性ホルモンを改善するなら、とても良く似た働きをする大豆イソフラボンを有効に摂取することをお勧めします。大豆イソフラボンは血流を改善して、新陳代謝を促進し、なめらかで弾力のある肌をサポートする働きがあります。

エストロゲンに代わるだけでなく、アンチエイジング効果もあるという訳です。大豆イソフラボンの1日の摂取目安量は70~75mgです。納豆であれば、約2パック、豆腐なら1丁300gとして約80mgが含まれています。これなら手軽に続けられそうですね。

更年期障害とどう付き合うか

エストロゲンが減少していく為に、ほてりやのぼせ、めまい、耳鳴り、肩こり、不眠、イライラなど体には様々な症状が出ます。これらを少しでも改善して楽に過ごすことをお勧めします。

野菜中心の食生活を心がける、温めのお風呂にゆっくり浸かる、適度な運動で身体をリラックスさせるなどゆったりした気持ちで更年期障害に接するようにしましょう。

また、自宅での改善方法の他に病院での治療法もあります。ホルモン補充治療薬や漢方を処方される場合もあります。足りなくなったホルモンを薬で補充することで、うつや不安の症状を軽くします。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ