若年性更年期とは?ストレスを溜めない生活のリズムを作って!

更年期とは、閉経を挟む前後十年の事をいい、その時期に出る心身の不調の事を更年期障害と言います。

”更年期”の障害なので45~55歳に出てくる症状のはずなのですが、近年では20代、30代の女性にも似たような症状が出ていて、若年性更年期障害と呼ばれたりもしますが、これは本当に更年期障害なのでしょうか?

30代で症状が出る原因は?

女性も男性同様社会に出るようになり、女性も心身ともに仕事でのストレスや責任を感じる事が多くなりました。とはいえ、当然ながら女性の体は以前と変わらずデリケートなままです。

ストレスを受けると自律神経の働きが混乱して、ホルモンバランスも乱れ様々な症状として表れます。自律神経失調症とにた症状なのですが、更年期障害との違いは女性ホルモン、エストロゲンの欠乏や不足があるかどうかという所です。

女性ホルモンを整えるためには?

血行が悪いと子宮や卵巣の働きが悪くなります。血行を良くするためには適度に運動をして体を冷やさないようにしなくてはいけません。また自律神経を整えるためにはバランスの良い食事と適度な運動、質の良い睡眠で規則正しく生活してストレスを溜めないようにすることが大切です。

大豆イソフラボンが女性ホルモンと似た働きをするので積極的に摂取するといいです。

不調を感じたら、何科を受診したらよいのでしょうか?

不調を感じて何科に行けばよいのでしょうか?女性外来や心療内科で受診と言う場合もあるかも知れません。

体調不良だからと内科を受診しても異常がなければもう一度婦人科で受診することをお勧めします。独身だったり出産したことがないと婦人科は抵抗があるかも知れませんが、女性の体に対する知識と理解はどの科よりもあります。

特に月経不順や無月経の症状は回復しない可能性もあるのでとにかく早く受診しましょう。更年期障害とはそもそも卵巣機能が働かなくなって起こる障害の事なので、更年期に似た症状であっても検査してみて卵巣機能が働いていたら医学的には更年期障害とはいいません。

自律神経失調症なのか、若年性更年期障害なのか、自分で勝手に判断せずに体の不調を感じたら出来るだけ早く診察を受けましょう。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ