何が違う、50代女性の更年期障害とは?原因と、その時のベストな対応は!

数年前から、病気でもないのに体調が良くない日が続き体力が無くなった、と多く感じてきた。50になり少しして生理の間隔がずいぶんと空くようになり、検診の時に医師から「もう閉経ですね」と言われ、カルテに書かれて少しショックでした。

医師に数年の、理由のない不調を伝えると即答で「あ、更年期障害ね」と言われ、「この後も続くよ、悪かったら来てね」と言われたのです。

50代の女性は、更年期だけではなく更年期を過ぎても身体の不調が出やすい時期に入っているのです。そんな50代女性が悩まされている更年期障害について調べました。


更年期50代女性に何が起きている?心と身体の変化!

更年期とは、40代から50代の女性達が迎える閉経の時期を挟んで前後5年から10年の間に起こる身体の変化が生じる期間を言います。

そしてその期間に、色々と現れる心と身体の変化に反応して、出てくる症状を更年期障害と言います。その時を50代で迎える女性が意外と多くいます。

心の変化とはどんなもの?

大した事でもないのに、イライラしたり、今までは我慢出来た事なのに爆発してしまい周囲からは「ヒステリー」などと言われる事もあります。

これらは、外に向けているので何かを言われてもまだ良いのですが、心配なのは外に出さずに自分でためてしまう時です。これは「更年期うつ」や重症化させると「統合失調症」になる事もあるので注意が必要です。

身体の変化とは

卵巣機能の低下が起こる事で、女性ホルモンのエストロゲンが減少する事に伴い、自律神経のバランスが乱れる事で生じる、異常なまでの汗の量や、運動をした訳でもないのに動悸や息切れがする、口の粘膜が乾いたドライマウス等も見られます。

女性を守る強い見方なのに?自律神経を興奮させる!

女性の強い見方である女性ホルモン、女性らしい身体をつくり、肌等をきれいに見せる為の働きもして、子孫繁栄などの生殖機能にも影響があるホルモンなのです。そして脳の働きや、自律神経の働きにも大きな力を与えているのです。

女性ホルモンの減少が原因です

更年期に入り女性ホルモンが減少する事で脳は、女性ホルモンを分泌させる為に「性腺刺激ホルモン」を多く出します。そうすると、異常なまでの興奮状態が脳や自律神経におこり、身体の色々なところに不調が現れる更年期障害となります。

更年期障害に悩まされてるのは私だけ?なりやすい人はいます!

更年期とは、わずかの人を除いてほとんどの女性が通る時期になります。症状の現れ方や状態がその人によって差が出て来るのです

どうしてなりやすいか

誰もが通る更年期、辛い人・軽い人との差が出るのは何故なのか?その人の受け入れ状態、性格等で差が出ます。自律神経が乱れる事で、生じる更年期障害ですので乱される事があった時に影響を受けやすい人か、そうでないかが大きな分かれ道になります。

神経質や完璧を求める人は辛いと感じる方が多いです。また、家庭や職場でコミュニケーションが取りにくい人や家族の事でストレスが多くある人なども辛い症状になりやすいです。

辛い状況はどうしたらいいの?病院での適切な治療が必要!

毎日生活していく上では、ちょっとした体調の不調でもそれが続く事でストレスも重なります。大した事ないかなと軽く考えてそのままにしておかずに、症状をその時点で進めない為にも婦人科での受診をお薦めします。

ホルモン治療です

初期段階の方や、全ての方にあてはまる事ではありませんがホルモン補充治療が効果が高くでています。もちろん、医師との問診や検査などから医師が患者さんの状態等を考慮して最善の治療を進める事になりますので安心して下さい。

プラスの治療が必要な時もある

50代の女性は、更年期障害の他にも身体に持病があったり、新たに発見される事もあり、治療を考えなくては行けない時もあります。キチンと検査をして治療を進めましょう。

更年期障害でない時には

検査の結果などで、更年期障害でないと診断された時には、その後の治療について医師と相談する事で必要に応じて、他の病院や他の科等への紹介をしてもらう事が出来るので安心して下さい。

少しでも良い状態に出来る?家族や周りの協力!

ご本人が気づくのが1番なのですが、なかなか難しいのが現状です。そんな時にはご家族の方が背中を一押ししてあげて、病院へ行く事を薦めてあげましょう。

1人では難しいです

病院で、更年期障害との診断が出た後はご家族の方もその状況を理解してあげる事が必要になります。腫れ物に触るのではなく、きちんと今の状態をご本人と共に受け止めてあげましょう。

出産後の女性に対しては、誰もが気遣いを示して対応をしているのに更年期の女性に対してはまだそこまで対応が進んでいないのが現状です。些細な事と考えられますが、そんな精神的な支えが本人が治療していくにあたり大きな力になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか、発症年齢が多く見られる50代の女性の更年期障害についてご本人の対応などについてご案内させて頂きました。

50代になると、子供の手も離れてこれからは自分の為の時間だわと心をワクワクさせていたのに、更年期障害が分かりショックを受けた方もいらっしゃるでしょう。

安心して下さい。自己判断で落ち込む事をせずに病院で正しい診断を受けて、適切な治療を進める事で楽しい時間を過ごす事も可能です。その為にも早めの対応をしましょう。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ