更年期に何故不快な腹痛が続くのか?女性ホルモンの異常分泌によるものです!

40代、50代に入ると女性の身体は色々な面でとても憂鬱な事が多くなって来ます。原因もはっきりしないまま、生活に大きな支障がないとそのまま過ごしてしまいます。

その不調は更年期障害の可能性がありますが、ここで注意が必要な事があります。それは、不調の原因が本当に更年期障害から来ているか、どうかという事です。

更年期障害と、思っていたら実際には違う病気だったなんて事もよくある事なのです。自己判断で更年期と決める事をせずに、キチンと専門医療を受診してする事がとても大切になります。

今回は、腹痛について調べてみました。


何故起こる更年期の腹痛?ホルモンバランスの乱れの為です!

ホルモンのバランスが、崩れて酷い生理痛や生理不順は若い時にもありますが時間を過ぎた40代に入ってからの更年期にも、辛い生理痛が始まる時があります。

原因はホルモンの異常分泌です

生理の時にプロスタグランジンという、剥がれた子宮内膜を外に押し出す為に、子宮の収縮を促す為のホルモンが分泌されます。

プロスタグランジンは、痛みや炎症を引き起こす働きもあります。更年期にホルモンのバランスが崩れる事で、プロスタグランジンが異常に分泌される事で生理痛の時のように感じる事があります。

子宮が萎縮するのです

エストロゲンの減少する事で、子宮内膜や子宮筋が萎縮して、子宮の体積も縮小します。この様に加齢によって少しずつ子宮が小さくなって薄くなっていくのです。この時に感じる痛みの時もあります。

長引く腹痛には注意が必要です!腹痛は病気のせいかも?

閉経前の生理痛が、酷かったという経験のある方等はついつい我慢してしまうという時も多いのですが、更年期にはそんな我慢は不要です。

我慢はしてはいけません、必要ないです。更年期に発症しやすい婦人科の病気もありますので、我慢をせずに直ぐに病院へ行きましょう。

子宮体癌

閉経をむかえる更年期の時期に、発症しやすい婦人科の病気に子宮体癌があります。これは年齢が進むにつれて罹りやすくなります。

閉経後に不正出血がある時には注意が必要です。おりものが茶色い時も子宮体癌の可能性がありますので、気が付いた時には早めに婦人科を受診して検査をして下さい。

卵巣嚢腫

卵巣に出来る腫瘍の事になります。良性の時には卵巣嚢腫と呼びますが閉経後には悪性腫瘍(癌)になる可能性があるので注意が必要になります。

以前に卵巣嚢腫の診断を受けた事がある方は、閉経後不正出血や下腹部の腹痛が続く時には早めの婦人科への受診をお薦めします。

子宮下垂や子宮脱

子宮の位置に異常がある症状になります。子宮下垂とは、子宮が正常な位置よりも下に下って膣内にいる状態になります。その状態が悪化して、膣から出てしまっている状態を子宮脱と言います。

下腹部に違和感があり、尿失禁などの症状がある時もあります。歩行の時に出ている部分が障害になったり、出ている部分が炎症を起こすことで出血等も見られます。

状況により対応が違ってきますので、少しでも違和感のある時には、早めの婦人科での受診をお薦めします。

今の状態は更年期障害なのか?基礎体温でわかります

自分が更年期なのか、そうでないのか、更年期である事を認めたくない気持ちもあり不安な気持ちで過ごしている方も多いです。目安として、基礎体温を測るとわかります。

体温の曲線がポイントです

基礎体温の理想的な波形とは、排卵日を境に日数を二等分にして排卵前が体温の低い日と排卵の後が高い日とに分かれる事になります。

これが、ホルモンのバランスが崩れ始めると体温の低い日が長くなり排卵後の体温の高い日が短くなる事が多くなります。そして更年期に入ると、体温の低い日と高い日の差がなくなりはじめて、閉経すると低い日だけになる事が多くあります。

※あくまでも、目安ですこれで全てを判断出きるという事ではありませんので参考のひとつにして下さい。

辛いこの症状に効く治療は?ホルモンを補充します!

更年期障害の症状は、人それぞれで軽い人もいれば、辛い人もいます。辛いけど我慢しているという人も多くいます。でも、必要の無い我慢はしないで下さい。

それよりも、婦人科でホルモン治療をすると効果的な治療を期待する事が出来ます。検診の時等を利用して、色々な事を相談出来る婦人科の先生を見つけておくことも大事ですね。

状況に合わせて治療出来ます

ホルモン治療というと、乳癌などのリスクがあると心配される方もいます。しかし今は、症状に合わせて処方も増えて、治療方法を患者さんの状態に合わせて進める事が出来ます。

高い効果を期待する事も出来ます。ご本人の希望もキチンと伝える事も出来て、希望に沿った治療も出来ます。

更年期を上手く過ごす?更年期が終わった後を楽しく過ごす為!

更年期も更年期障害も、症状の出方に差があるだけで誰にでも訪れる時期なのです。その時と、どう向きあう事が出来るか?上手く付き合っていけるかが大きなポイントになります。

生活習慣を改めましょう

更年期の機能の低下、ホルモンバランスの乱れが影響しているのが更年期障害です。規則正しい生活をする事で、身体のリズムを整えてストレスを溜める事をしないで気持ちに余裕を持つ事が出来るようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?更年期の腹痛について、間違いやすい婦人科の病気等も含めてご案内させて頂きました。お分かり頂けましたでしょうか?

更年期に合わせて女性の身体は、色々と変化をします。その事で色々な症状も出てきます。そんな状況の中でも、日本女性は我慢をしている方のほうが多くいるのが現状です。

更年期障害を、少しでも軽く良い状態にする為にも、危険な病気を重症化させない為にも我慢せずに辛い時には早めに婦人科での受診をお薦めします。

残りの時間を楽しく過ごす為にも、今の時を楽しく過ごせるようにしましょう。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ