更年期障害の不安感を解消するには?もしかしたらうつ病の可能性も!

女性の場合、男性と違って50歳前後で閉経という大きな変化が現れます。

これはただ毎月あった生理が終わるというだけではなく、ホルモンバランスががくっと崩れる事で更年期障害という症状を引き起こしてしまうのです。


不安感の強い場合は様々な障害が起きることも…

更年期障害の主な症状としては、身体にあらわれる不定愁訴と言われるホットフラッシュやめまい、耳鳴り、動悸などの他に精神状態にも大きな影響を及ぼすのが特徴です。

精神的な症状は人により程度も様々ではありますが、不安感が強くあらわれる人が多くなっています。こうした更年期障害に伴う不安症状は、強くあらわれると日常生活を送るうえでの障害になってしまうのです。さらには自分だけではなく、まわりの家族まで巻き込んでしまう場合もあります。

不安感の解消方法はホルモンバランスが鍵

更年期障害で起きるこうした不安症状は、ホルモンバランスの乱れが原因ですから、足りなくなった女性ホルモンを補う事によって快方へと向かいます。病院ではこうした更年期障害の治療として、女性ホルモン補充療法を試したり漢方薬が処方される事になります。更年期障害に伴う不安症状ならばこうしたホルモンバランスを整える事で次第に症状が落ち着いてくるでしょう。

人によって漢方薬は効果がなかったり、逆にホルモン補充療法で副作用が起きるなど合う合わないがあるため、もし自分に合わないと思ったら治療方法を変更してもらったり、もしくは違う病院で見てもらうという方法もあります。

更年期障害の治療をしても不安感が解消されない時は?

更年期障害と診断され、治療を行っても不安な症状がいっこうに改善されない場合、それは更年期障害に伴う不安感ではなく更年期うつ病かもしれません。

更年期うつ病は、更年期に入る50歳前後はホルモンバランスが乱れるだけでなく、家庭や仕事においても変化が訪れる年代という事で起きるうつ病のことです。こうした更年期うつ病は、ホルモンバランスを整えるといった従来の更年期障害の治療では不安感はなくなりません。

更年期障害の治療を行って不定愁訴の症状は改善されても、不安感が無くならないまたは酷くなるようならば更年期うつ病を疑い精神科や心療内科を受診してみましょう。心理療法や抗うつ剤・抗不安薬を用いた治療を行うことが出来ます。

更年期障害からくる不安の症状にはホルモンバランスを整えることが、そうではない更年期うつ病の場合はまた違った治療が必要となるので、何事も見極める事が肝心なのです。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ