なぜ皮膚がピリピリ痺れたり気分が落ち込むの?更年期には血流改善が必要! 女性 48歳 E.Y.さん

女性の閉経時期が平均して50歳前後と言われていますが、45歳辺りになると女性ホルモンの分泌量や卵巣機能も低下してまいりますので、様々な体調の変化が現れます。

火照り、耳鳴り、目眩、重い肩こりなど更年期症状を感じた方は、早めの予防や生活習慣の見直しなどを行ってみましょう。


皮膚がピリピリする?手足のしびれに気を付けましょう

40歳を過ぎたころから体調に変化が訪れるようになりました。目眩や耳鳴りも良く起こっていましたが、自分の場合は手足が不思議と痺れるようになったのです。特に寒い日などは皮膚がピリピリしたり、手足の末端部分が痺れることが多くなりました。

それと同時に冷え性がさらにひどくなり、真夏でも分厚い靴下や使い捨てカイロを使うこともありました。温めたる擦ったるすると血流が良くなるので症状は和らぐのですが、ひどい時は足元がふらついて転んだりすることもあったのです。

更年期に入るとどのような心身の変化があったのか

45歳辺りから更年期に入ったようで、生理の際の出血量が減ってきて周期も不安定になってきました。体のホルモンバランスが乱れてきたせいで、体のあちらこちらが固くて痛みを伴うこともありました。

以前は当たり前に出来ていた洗濯や掃除などがおっくうになってきて、肩や腰が重くてなかなか思うように体が動かなくなってきました。更年期の症状だとわかってはいるのですが、冷や汗をかいたりホットフラッシュが起こると気分が滅入ってしまって、部屋に引き籠りがちになってしまった頃もあります。

更年期症状で普段から行っている対策について

自分の場合は全体的に血の巡りが悪い体質で、特にふくらはぎに悪い血が滞っていると言われたことがあるので、お風呂で温まりながら足を中心にマッサージを行っております。

お風呂から出たらボディケアローションで皮膚を優しくケアしながらストレッチも行います。また、気分の落ち込みが激しいので自律神経の調整の為にも、1日に15分ほどはウオーキングを兼ねて日光浴をします。

さらに、天然の生薬成分の入ったお茶を飲んで体の中から温めたり、血流改善やデトックスの効果を期待して、食事の中に生姜や香辛料を加えたりしております。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ