更年期障害の動悸や息切れのメカニズム!重要なリラックスとストレスフリー

a7zjz16更年期障害の症状の一つに動悸や息切れがあります。

この症状の特徴は、激しい運動をした訳でも疲労が溜まっていた訳でも無いのに強い動悸が起こってしまったり、辛い息切れが起こってしまう症状の事です。

ですが、更年期障害になると何故動悸がするのかを知らない人もいます。

今回は更年期で起こる動悸や息切れについて紹介していきます。


更年期障害が引き起こす動悸の症状って何故起こる!

更年期障害が動悸を引き起こしてしまうのは心臓の脈拍をコントロールする自律神経が乱れてしまう為引き起こります。

自立神経をコントロールする大元の部分は”視床下部”と呼ばれるホルモンを出す指示を出す脳内の一部です。更年期には閉経によりエストロゲンという女性ホルモンが分泌されにくくなってしまう為、ホルモンの分泌の指示を出す視床下部は混乱してしまい自律神経のコントロールを失ってしまいます。

コントロールが効かなくなった自律神経は心臓の脈拍への正常な干渉にも支障をきたし、何もしていないのに激しい動悸や息切れを引き起こしてしまうのです。

更年期の動悸や息切れはどんな時に起こりやすい!

基本的に更年期の動悸や息切れに関してはいきなり起こるのであまりタイミングは掴めない症状です。

ですが、特に強いストレスや強い緊張を感じてしまった時は激しい動悸が起こりやすい事が分かっています。その為、普段からあまりストレスを溜めない様に気を付ける事も重要です。

更年期の動悸や息切れが起こってしまったらどうする!

更年期の動悸や息切れを完全に改善するのは難しいと言われています。ですが、起こってしまった時に有効的な対処方としては何よりもリラックスする事が重要とされています。

リラックスの方法としては深呼吸を長めに行い、時間をかけて動悸の症状を抑える事です。その他にも重宝されている方法としてはアロマテラピーが有名です。自分の好きなアロマオイルを持ち歩き、動悸が始まってしまった時等にはアロマオイルをハンカチ等に染み込ませ口元に充てながら深い深呼吸をするとリラックスしやすいとされています。

動悸や息切れに関しては症状が起こる人も起こらない人もいるのですが、強いストレス環境がある人はやはり症状として起こりやすいと言われています。更年期の間は出来るだけストレス環境からは身を離す事が重要なので気を付けてみるといいでしょう。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ