更年期障害はいつまで続く!?きつい症状との上手な付き合い方とは!?

更年期障害の症状が続くのは閉経前後の5年。という事はトータル10年間更年期の症状が続きます。

ですが、症状の重さも症状の長さに関しても人それぞれ少しづつ違います。

今回は更年期障害がいつまで続くのかについて詳しく紹介しようと思います。


更年期障害の期間を詳しく見てみると!

更年期障害は閉経前後5年。トータル10年間が更年期と呼ばれる時期になりますが、強い更年期障害の症状が出てしまうのはその間の2~3年間が強い症状になると言われています。

更にその症状については人それぞれの個人差があり毎日更年期の症状を感じる人もいますし、更年期障害の症状があまり表面に出てこない人もいます。

まとめると更年期の期間は10年間、そのうち強い症状が出て来やすいのは内2~3年間と考える事が出来ます。

更年期障害がいつまで続くかは正確な事は分からない!

実は更年期障害はいつまで続くのかについては正確な事は分からないのです。

個人差が非常に強い為に終わる時期についても一概には分かりません。過去の更年期障害で苦しんだ女性の中でも薬を服用しながら一年前後で症状が治まった人もいますし、ずっと対策を続けながらも10年以上苦しんでいる人もいます。

更年期障害の苦しみを乗り越える為に

更年期障害の苦しみについては個人差が強い為にその期間をどう乗り越えるのが重要です。個人個人で期間、症状の重さ、表れる症状について変わってくる為、対策を取りたい場合はまず自分自身で自分の症状を把握し、更年期障害のそれぞれの症状に対する知識、そしてその対策を学ばなければなりません。

自然に治るものではありますが、その症状はかなりきつい時もある為上手に付き合っていく方法を模索する事も必要でしょう。

更年期障害がいつまで続くのか不安な場合は

ここまで更年期障害の期間やその間の付き合い方について紹介してきましたが、更年期障害になったからと言って、塞ぎ込んでしまうのはNGです。

更年期の症状はストレスで悪化してしまう事が分かっています。なので、気持ちを穏やかに前を向く気持ちが大切です。いつまで続くのかについては正確な数字は個人での差がありますので何とも言えませんが、その間をどう前向きに捉え症状と付き合っていくかが更年期が続く間に考えるべき事なのでしょう。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ