漢方薬は更年期障害の治療に有効か?気血水の巡りで改善する!

更年期障害があると診断された場合の治療法は一般的にはホルモン補充療法が用いられることが多いようであうが、選択肢のなかに漢方薬を用いた治療法があることも知られています。この漢方薬を用いた漢方療法はどのような治療法なのでしょうか?

漢方療法のメリットやデメリット、また種類や効果について詳しくまとめたので紹介します。更年期障害の症状別に効果のある漢方薬もいくつか取り上げたので参考にしてください。

東洋医学での更年期障害とは?気血水で見極める!

東洋医学では、気(気力の気)・血(血液の血)・水(血液以外の身体の水分)の3つの要素で体を構成していると考えられており、この体を構成する気・血・水のバランスが崩れることが心身の不調として更年期障害を起こしていると考えます

更年期障害と気血水

更年期障害では様々な症状が現れますが、東洋医学では症状から気・血・水の問題を見極めて対応しうる漢方薬が処方されます。

疼血(おけつ)

肩こりや頭痛、身体の冷えは血流が滞った状態を表すので疼血の状態ととらえます。

血虚(けっきょ)

不眠や抜け毛が起きる場合は血が不足していると考え、血虚の状態ととらえます。

気逆(きぎゃく)

ホットフラッシュやイライラなどの症状は気の巡りが失調していると考え、気逆の状態ととらえます。

気虚(ききょ)

疲れやすさやだるさなどは気が不足した状態なので、気虚の状態ととらえます。

証のみきわめ方は?虚と実の有無で判断する3つの証!

漢方では病名で診断するのではなく、その人の証(体質や体調など)を見極めて、治療方法を決めることがあります。この証は体力や抵抗力の程度を表した虚・実でとらえ、体力や抵抗力が充実しているかそうでないかで区別します。

    <証の3つのタイプ>

  • 実証(体力や抵抗力が充実している人)
  • 中間証(偏りなくバランスのとれた理想的な状態)
  • 虚証(体力がなく抵抗力も低い人)

西洋医学とはまったく違う

証によって同じ病気でも漢方薬が違う場合や、病気が違うのに同じ漢方薬を処方されるなど、西洋医学ではありえないことが起きるのが東洋医学の漢方療法です。

6つの漢方薬を紹介!漢方療法は証によって決まる?

更年期障害の症状に応じて、3つの証を見極めて処方される漢方薬の一例を紹介します。

実証タイプの漢方薬

実証では精神系に働きかけ、更年期特有のイライラなどの症状に効果がある漢方薬を使います。
・桃核承気湯(便秘・手足は冷えるがのぼせがある・月経不順・腰痛・肩こり)
・柴胡加竜骨牡蛎湯(不眠・イライラ・ストレス)

中間証タイプの漢方薬

中間証では於血を改善する作用がり、女性疾患の代表的な漢方薬を使います。
・加味蛎遥散(のぼせ・頭痛・肩こり・精神症状)
・桂枝茯苓丸(頭重感・肩こり・めまい・手足は冷えるがのぼせがある)

虚証タイプの漢方薬

虚証では体力の低下している広や虚弱体質の人に漢方薬を使うので、胃腸が弱い神経質な人でも安心です。
・当帰芍薬散(疲れやすい・冷え性・めまい・肩こり・貧血)
・抑肝散半夏陳皮(不眠・イライラなど精神神経症状)

漢方薬にも副作用はある?服用時の注意点!

漢方薬は様々な生薬の組み合わせによって副作用がでにくい仕組みになっていますが、用法容量を守らないと強い副作用がでることもあります。副作用と飲み方の注意点について知っておきましょう。

併用の注意

漢方薬には一緒に服用してはいけない成分の漢方薬が多くあります。重大な副作用を引き起こすケースもあるのでかならず用法容量をまもって服用することが大切です。

副作用ではない瞑眩

その人の体質にあった処方であっても、治療の過程で一時的に病状が悪化する瞑眩という症状がでることがあります。副作用と瞑眩との違いは素人には判断するのは難しいので自分の処方された漢方薬に明記された副作用以外の症状がでた場合には瞑眩を疑って医師に相談する必要があります。

漢方薬の疑問を解消!保険が適用の漢方薬もある?

更年期障害の治療に漢方療法を考えたときに、漢方薬の選び方や買い方など疑問に感じることがあると思います。漢方薬専門の医療機関に相談するのが一番ですが、簡単な疑問を紹介します。

漢方薬の買い方

漢方薬は医薬品なので漢方薬を扱っている医療機関を通じる方法と薬局で購入する方法があります。漢方薬の専門の知識をもった病院や薬局で相談してから購入しましょう。

漢方薬の保険の適用

漢方薬に保険が適用されるのは、医師の発行する処方箋にもとづいて国から保険適用が認められた場合に限ります。現在日本では、約150種類の漢方薬に保険適用が認められています

まとめ

漢方薬は自然の草木など天然のものから採取した生薬の配合で作られた薬です。更年期障害を改善する上で、症状だけを診るのではなく、個々の体質を診断し重んじるのが漢方療法の特徴です。気血水を見極め、その巡りに働きかけることで、更年期障害による不調を改善する効果が期待されます。

漢方薬にはメリットが沢山ありますが、不得意とする分野もあるので西洋医学が自分に合っているかどうかも判断することで、自分により適した更年期障害の治療法を医師や薬剤師と相談するとよいでしょう。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ