もしかしたら私も?40代で更年期障害を迎える理由とその症状とは?

多くの人が悩んでいる「更年期障害」ですが、40代前半~後半にかけて悩む人が増えています。

更年期障害には具体的にはどのような症状があるのでしょうか?また女性特有の障害なのでしょうか?その疑問にお答えしていきます。


年齢を重ねれば誰でもなるの?更年期障害のメカニズムに迫る!

女性の閉経は平均して50歳前後ですが、その前後の時期を「更年期」と呼びます。閉経を迎える女性の体はとてもデリケートな体になっており、女性ホルモンのバランスが大きく変化します。

その結果生じる様々な症状を併せて「更年期障害」と呼んでいるのです。つまり、40代で更年期障害を迎えると言われているのは、閉経によって女性ホルモンの分泌量が減少することが原因となっていたのです。そのメカニズムを具体的に見ていきましょう。

女性ホルモンエストロゲンの減少

女性が閉経を迎える頃になると、卵巣の機能が以前ほどは働かなくなります。その結果、卵巣から分泌されている女性ホルモンエストロゲンが減少していきます。エストロゲンは、妊娠の準備をしたり、女性らしい体を作ったりするためのホルモンです。

ホルモンを支配している視床下部の混乱

ホルモンは脳の視床下部と言うところでその働きが支配されています。女性ホルモンが体内に少なくなっていることを察知した視床下部は、卵巣にエストロゲンをもっと増やすように働きかけるのですが、卵巣は以前ほど機能していません。エストロゲンを出すように信号を出しても、エストロゲンが出てこないことで視床下部は混乱してしまいます。

自律神経も混乱してしまう

そして視床下部は自律神経も支配している部位になります。混乱している視床下部は上手く働くことが出来ず、同じように支配している自律神経のコントロールがうまくできなくなってしまいます。その結果、自律神経が乱れ、様々な体の症状が現れてしまっているのです。

もしかしてこれって更年期障害?更年期障害の代表的な症状とは?

更年期障害の症状は自律神経の乱れに影響を受けています。自律神経とは、体の不随意筋を支配している神経です。

心臓や血管など、自分で動かすことが出来ない筋肉に対して電気信号を送り、動かしています。更年期障害の場合は特に、血管を支配する自律神経の機能が上手く働かず、様々な症状へと繋がってしまっているようです。その一部を紹介していきます。

のぼせ・ほてり

ホットフラッシュとも言いますが、血管に多くの血液を送ってしまったり血圧が高くなってしまうことで生じる症状です。

頭痛

自律神経は血管の働きも支配しているのですが、血管が突然拡張したり、血圧が突然高くなることで、血流量が一時的に増大し、痛みとして認識されることがあります。その結果酷い片頭痛として症状が出ることもあります。

多汗

自律神経が支配しているものの一つに汗があります。真冬でも、全く暑くなくても自分の意思とは関係なく大量の汗をかいてしまいます。

精神的な側面にも影響を及ぼしている!精神的な不安定さと更年期障害の関係とは?

更年期に減少すると言われている女性ホルモンエストロゲンは、意欲や関心などとも関連があります。そのため、エストロゲンが減少することで抑うつ的になったり、気持ちが上がったり下がったりと不安定な状態になることもあります。更年期障害は精神面にも影響を及ぼしているのです。

誰でもなるの?更年期障害の罹患率を見ていこう

どこまでを更年期障害と見るのかによって大きく変わってくるため、40代女性の更年期障害罹患率ははっきりしたことは分かっていません。研究によれば、20%位としているところもあれば40%としているところもあります。多くの人が罹患する可能性が高い障害であることは確かなようです。

女性だけではありません!40代男性に現れる更年期障害について!

さらに更年期障害は、実は女性特有のものではありません。男女比は1:9となっていますが男性でも更年期障害になりえます。

それは、男性も同じように、40代を迎えるころから男性ホルモンが減少するからです。更年期を迎え始める40代男性は、ホルモンバランスの変化でどのような症状が現れるのでしょうか?

男性の症状にはどんなものがあるの?テストステロンの減少が男性に与える影響とは

テストステロンは男らしさを作り出してくれるホルモンになります。そのため、このホルモンが減少することで、様々な影響が現れてきます。

筋肉量が減少する

男性は女性より筋肉量が多くなっています。これは男性ホルモンの働きによるものです。筋力が低下すれば少しの運動で筋肉が痛むようになり、疲労感も増していきます。

性機能が低下する

男性ホルモンは性機能も支配しています。エストロゲンが減少することで、勃起不全や性欲の減退が生じます。

抑うつ的になる

テストステロンは抗うつ薬と同じような成分があります。そのため、テストステロンが減少すると気持ちが落ち込んだり、意欲が低下するといった精神症状が現れやすくなります。

まとめ:更年期障害は多くの人が悩む可能性がある!

更年期障害は女性に限らず男性も症状で悩む可能性がある障害の1つです。年齢を重ね、ホルモンバランスが崩れてしまうことは仕方がないのですが、そのことを知っていることと知らない事では大きな違いがあります。もしかして更年期障害かもしれないなと思ったら、専門機関を受診して早めの治療に取り組んでいきましょう。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ