30代でも油断禁物!若年性更年期障害はいつでもやってくる!

更年期障害は50代前後の「閉経」を迎える時期に起こる疾患だと一般的には考えられています。ですが、今は30代から更年期障害と非常に近い症状が発症する事が増えています。

若年性更年期障害と呼ばれるこの不定愁訴は50代の女性が迎える更年期障害とは症状こそ似ているものの、その原因は全く別と考えられています。

ここでは30代からでも起こりうる「若年性更年期障害」について紹介します。

50代からじゃないの?更年期障害の発症年齢

更年期障害と言えば「更年期」と呼ばれる人生の節目に起こりやすい疾患とされていましたが、今の時代はではその大前提が崩れつつあります。

30代で起こる更年期障害

ここ最近、30代前後の若い女性に更年期障害に近い症状が出始めています。その症状とは以下の通りです。

    <30代で発症する更年期障害の症状>

  • 憂鬱
  • 不眠
  • ほてり
  • 胃もたれ
  • 口渇感
  • 吐き気
  • 便秘
  • 食欲不振
  • 月経異常
  • 性欲低下

上記の通り、その症状は非常に幅広く50代の更年期障害にとても似ています。

PMS(月経前症候群)と違い、周期性が無い

30代の更年期障害は一見すると「PMS(月経前症候群)」とそれ程変わりませんので、PMSだと考える女性も多いです。

ですが、PMSであれば生理周期に合わせて症状が変化していきます。生理前には症状がピークになり、生理が始まるとともに症状は少しずつ落ち着き次の生理が始まるまでは収まっていくものです。

それが無い場合は30代からの更年期障害、つまりは「若年性更年期障害」の可能性が高いです。

実は20代でも同様の症状が起こり出している

この記事では30代でも始まる更年期障害について紹介をしていますが、実は20代でも同様の症状が出るケースがあります。正確な原因はまだ明らかにされていませんが、過去には見られなかった症状ですので、現代社会の生活様式、環境が若年性更年期障害の発症には大きく関わっていると考えられます。

何で30代から更年期障害?若くても起こる3つの理由

元々は50代からの代表疾患だった更年期障害。それがどうして30代で起こる様になったのかを説明します。

理由1:社会環境が変わった

30代の更年期障害が起こる要因とされる1つが「社会環境の変化」です。

現代社会は効率性と利便性が追及される社会なので、必然的に生活から運動が減少し、機械任せやサービス業者任せの世の中になっています。

身体を動かす事が年々減っている社会の為に「動かす前提で作られている身体」には全く未知の世界です。そういった環境の変化に身体が付いてこれていない事が原因の一つです。

理由2:若い女性特有の生活

30代の更年期障害には50代には余り見られない特徴があります。それは「肥満者より痩せている女性に多く見られる」という事です。

これは若年性更年期障害で悩む女性の中に「過剰なダイエット」に取り組む事でホルモンバランスを崩してしまってる人が多い為です。

50代の様に卵巣機能の低下による必然的なホルモンバランスの崩れではなく、自らの生活でホルモンバランスを崩してしまっているケースが多いのも30代の更年期障害の特徴です。

理由3:職責が大きく変わった

30代の更年期障害に悩む女性のもう一つの特徴は「キャリアウーマンに多くみられる」という点です。今は女性の社会進出が進み、女性にもキャリア形成の道が開けています。

ですが、まだまだ男女平等という状態には程遠く、多くのキャリア女性が職場でのストレスに悩まされています。1日の大半を過ごす職場でのストレスは必然的にホルモンバランスを崩すきっかけとなり、30代での更年期障害の引き金となってしまうのです。

環境だけじゃない?更年期障害を起こす2つの原因

30代でも起こる様になってきた更年期障害。その原因は50代の更年期障害とは全く別です。ここでは30代の更年期障害の原因とされる要因について説明をします。

30代の更年期障害、主な原因は「ストレス」

30代の更年期障害の大きな要因は「ストレス」です。

    <30代の女性が悩む主なストレス2つ>

  • 身体のストレス
  • 心のストレス

この二つのストレスが30代の若年性更年期障害を起こす引き金になっているのです。

身体のストレスについて

若年性更年期障害の引き金となるストレスの一つ「身体のストレス」は運動不足によるストレスです。

現代社会はとにかく「身体を使わない」か「特定の使い方だけをする」世の中です。立ちっぱなし、座りっぱなしなど「〇〇しっぱなし」が非常に多い。これは身体にはとても大きなストレスとなり自律神経の均衡を崩す原因となります。

心のストレスについて

もう一つの大きな原因が「心のストレス」です。小さいうちから競争社会の波にもまれ、常に「成果」を求められるのはとても大きなプレッシャーとなります。学校では成績を、クラブ活動では能力を、社会では成果を。

常に結果を求められる生活は徐々に自律神経のバランスを交感神経優位へと固定してしまいます。

逃げたくても逃げられない!原因は生活と繋がっている

30代の更年期障害は主に「職場環境」「職場の人間関係」が大きな要因となります。つまり退職でもしない限りは原因との距離を取れないという状況です。これが若年性更年期障害への対策を難しくしています。

生活が懸かっている以上は簡単に辞める訳にもいきません。自身の築いてきたキャリアを捨てる事にもなる為に辛抱するケースが多いのです。

進行は遅いが根が深い!30代の更年期障害

大きなストレス要因と距離を置きにくい30代の更年期障害は症状がジワリジワリと進行するケースが多く、そのスピード自体は遅いのですが、心身へのダメージの深さはとても深いです。

ほてりや熱感から憂鬱へと進みやすいのも30代の特徴ですので、気付いた時には周囲が適切なフォローをしていく必要があります。

身動きが取れないのが問題!それが若年性更年期障害

以上、30代の若年性更年期障害について説明をしてきました。30代の更年期障害は職場に大きな原因が潜むケースが多いです。そしてその原因は一過性のものではありません。

原因はわかっているけれど、簡単に対処できない袋小路に陥るのが30代の若年性更年期障害の特徴です。健康は何より大切とわかってはいるものの、自分のキャリアを捨てたくない。

そんな気持ちで辛抱をし、症状が悪化していく事が非常に多いのです。30代で起こる更年期障害は一見すると只の不定愁訴にしか見えないのですが、実は自分の生き方を見つめなおす必要がある程の身体からのメッセージであると覚えておきましょう。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ