更年期障害のホットフラッシュの対処法は?よく似た病気に注意!

もしかしたら更年期障害かも?と一番実感しやすいのが、のぼせや発汗です。

これらは、周りからもわかりやすいので、自分で気づく前に、人から指摘されることもあるからです。

更年期障害の汗やのぼせの症状や対処法と、気を付けておきたい注意点を紹介します。


周りは涼しそうなのに、私だけ暑いのはなぜ?

まず、具体的な症状から見ていきましょう。実際に暑いときに感じる「のぼせ」と違って、更年期障害の「のぼせ」は、特に原因はないのに、顔や上半身だけが突然かあっと熱くなり汗が噴き出してくる、周りは涼しいのに、自分だけ汗が止まらなくなる、といった特徴があります。

また、上半身は汗が出るほど暑いのに、下半身は冷えているというのも症状の一つです。これらの症状を「ホットフラッシュ」といい、更年期障害の女性の40%から70%の人に起きています。

ホットフラッシュはどうして起きるの?

更年期障害の発汗を引き起こす原因は、女性ホルモンであるエストロゲンの減少です。このエストロゲンは、卵巣から分泌されるのですが、ある年齢になると、十分に分泌することができなくなります。

にもかかわらず、脳からは、卵胞刺激ホルモンが分泌されて、エストロゲンを出すように促されるため、ホルモンのバランスが乱れることにより、自律神経が影響を受け、血管の拡張や収縮がうまくいかなくなるため、発汗、のぼせという反応となるのです。

症状を和らげるために日常生活で気をつけることは?

まず、ストレスをためないようにしましょう。精神的なストレスが自律神経を乱すことがあるからです。運動をすると、体全体の血の巡りも良くなり、症状が緩和されます。次に、刺激の強いものを避けましょう。

喫煙、カフェインの過剰摂取、辛いものなどは、ホットフラッシュを誘発すると言われています。また、汗をかきやすくなっているので、体温調節のしやすい服装を心がけましょう。

もっと長期的に症状を改善するためにできることは?

更年期障害のホットフラッシュをもっと長期的に改善するには、様々な方法があります。まず、ホルモン補充療法です。婦人科で、更年期障害の原因となるエストロゲンやプロゲステロンを錠剤やパッチ薬で補充する方法です。

発汗、のぼせ以外の更年期障害の症状に効果があります。そして、サプリメントです。大豆イソフラボンやプラセンタなどは、ホットフラッシュの症状を緩和してくれると言われています。

たくさんのサプリメントがありますから、自分に合ったものを見つけて、食生活や生活習慣の見直しとともに、取り入れてみるといいでしょう。

気を付けておきたい!似た症状のある病気

のぼせ、発汗は、更年期障害のわかりやすい症状であるために、この症状を更年期障害に当てはめて考えがちですが、それは危険です。

間違えやすい病気として、高血圧、甲状腺機能亢進症、自律神経失調症があります。特に、甲状腺機能亢進症は、甲状腺ホルモンの過剰な分泌により、ほてりやのぼせが出やすく、また、女性に多い病気のため、更年期障害だと判断してしまい、気づくのが遅れがちです。

また、自律神経失調症にも、発汗、冷や汗、イライラといった更年期障害と似た症状があります。のぼせや発汗の症状がある場合は、安易に自己判断せずに、まずは婦人科を受診することをお勧めします。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ