耳鳴りも更年期障害?更年期に起きやすい耳鳴りの原因と解消法

今まで経験がないのに、40代になって急に耳鳴りがするようになっていませんか?耳鳴りは本人にしかわからない不快症状で、タイプも程度も人それぞれです。実は、更年期に耳鳴りに悩まされる人は意外と多いのです。

更年期の耳鳴りは比較的軽症のことが多く、自律神経失調症のひとつの症状といえます。原因が更年期障害であれば特に治療は必要ありませんが、やはり不快であることには変わりません。更年期に起きる耳鳴りの原因と対策を紹介します。

あなたのタイプは?更年期障害に多い耳鳴りの症状

激しい運動をしたときに耳の中でドクンドクンと音がしたり、電車でトンネルを通過したときにキーンと音がしますが、これは生理的な耳鳴りで特に心配ありません。しかし、更年期に起きる耳鳴りは特に何かしたわけではないのに耳の中でキーンやザーッと音がします。

    <更年期の耳鳴りの症状>

  • キーンという高い音がいつもする
  • ゴーッという低い音がする
  • 耳が詰まったようにくぐもった感じがする
  • 複数の音が聞こえる
  • 静かなときにだけ気になる
  • 1日中気になる

このように、耳鳴りの種類や頻度は人それぞれです。更年期障害としての症状であれば更年期を過ぎれば治ってしまうものですが、1日中気になって日常生活に支障が出てきた場合や音に敏感な人は大きなストレスとなります。

なぜ急に起きるの?更年期の耳鳴りの原因

更年期の耳鳴りは女性ホルモンの減少によって自律神経が乱れることが大きな原因です。自律神経が乱れると血流が悪くなります。

血流が悪くなる原因

自律神経が乱れるということは、交感神経と副交感神経がうまく働くなることです。基本的には交感神経が優位になりますが、その状態は常に体に力が入っている状態です。

体の緊張が続くと、筋肉の近くを通る血管や毛細血管の血流が悪くなり、自律神経失調症状が出てきます。頭部の血流が悪くなるとめまいや耳鳴りが起きやすくなります。

ストレスも耳鳴りの大きな要因

ストレスも耳鳴りの大きな原因となります。更年期といわれる40代後半から50代前半は人生の中でもストレスの多い世代です。女性は更年期障害といわれるさまざまな不調も重なってそれまで以上にストレスを感じやすくなっています。

こんな症状は注意!更年期以外の耳鳴りの原因

更年期に起きる耳鳴りの原因がすべて女性ホルモンの減少が原因であるとは限りません。更年期障害だと思っていたら、実は違う病気が原因ということもあります。

    <耳鳴りの原因となる病気>

  • 外耳炎・中耳炎・内耳炎などの炎症
  • メニエール病
  • 突発性難聴
  • 脳腫瘍など

更年期障害であれば、閉経に伴って女性ホルモンの少ない状態に体が慣れてくるにしたがって治まってきます。しかし、更年期世代はさまざまな病気を発症するリスクが高くなるときでもあります。

急に大きな耳鳴りがしたり、めまいや難聴を伴うときは他の病気を疑ってまず耳鼻科を受診しましょう。病気ではないとわかればその分ストレスも減って耳鳴りも軽減することもあります。

耳鳴り改善!セルフケアで更年期障害対策

更年期の症状としての耳鳴りの改善には、規則正しい生活とバランスの良い食事が基本となります。さらにストレスをなるべく溜めないようにして、心身ともにゆっくり休むことが一番です。

更年期を上手に乗り切るには、セルフケアが欠かせません。自分なりの効果のある方法、楽になる方法を実践していくことが大切です。耳鳴り対策に効果のある方法とコツを紹介しますので参考にしてください。

胃腸を労わる食生活

漢方では胃の弱い人は耳鳴りやめまいを起こしやすいと言います。実際に暴飲暴食で胃に負担をかけると症状が悪化することがあります。他の更年期症状を軽減させるためにも腹八分目で胃を労わることが大切です。

水分を摂り過ぎない

喉が渇いていないのにダラダラと飲み物を口にいている人は要注意です。体に余分な水分が溜まって平衡感覚と聴覚の器官を圧迫してさらに血流を悪くします。

ストレッチで血流アップ

首や肩の血行が悪くなることでも耳鳴りが起こります。また、耳鳴りを和らげるツボが集っているので後頭部や首をストレッチして血流をあげましょう。首を冷やさないようにネックウォーマーなどで温めることも大事です。

質の良い睡眠をとる

耳鳴りに限らず、更年期障害を軽減するためには質の良い睡眠は欠かせません。寝具やパジャマを変えたり、睡眠環境を見直して快眠を心がけましょう。

更年期の耳鳴りを漢方薬で改善!タイプ別3選

更年期に起こる不定愁訴といわれるさまざまな不快症状は漢方薬との相性が良いことが知られています。漢方薬はその人の体質などを総合的に診て処方されますが、おおまかな体質別の更年期の耳鳴りに効く漢方薬を紹介します。

比較的体力ある実証タイプ

実証タイプとは体力があり活発な人です。このタイプの人の耳鳴りはストレスからきていることが多く、低音のゴーッという耳鳴りやザーザーと波の音のように聞こえることが多いです。

    <実証タイプに効く漢方薬>

  • 柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
  • 防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)
  • 龍胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)

体力のない虚証タイプ

虚証タイプとは疲れやすく体力がない、顔が青白く下痢気味の人です。高音のキーンという耳鳴りが多いタイプです。

    <虚証タイプに効く漢方薬>

  • 柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
  • 八味丸・八味地黄丸(はちみがん・はちみじおうがん)
  • 耳鳴丸(じめいがん)

漢方薬の注意点

漢方薬はそのときの症状や体質に合えばとても効果が期待できます。しばらく服用しても症状が改善されなかったり、悪化するときは漢方薬が合っていないといえます。その場合は服用を中止しましょう。

まとめ

耳鳴りはさまざまな原因で起こります。実のところはっきりとしたメカニズムは解明されていませんが、更年期に比較的起こりやすい症状のひとつです。女性ホルモンの減少によって自律神経が乱れることとストレスが大きな要因です。

原因が更年期障害だけであれば、閉経後ホルモンの状態に体が慣れてくれば自然に耳鳴りも治まってきます。特に治療を必要としませんが、日常生活に支障が出るほどの症状であれば耳鼻科や脳神経科を受診する必要があります。

通院するほどの症状ではなくても耳鳴りはやはり気になります。こういった不定愁訴には漢方薬が良く効きます。生活習慣を見直すことで症状が軽減されることも多いので、更年期の時期こそ自分を労わる習慣を身につけたいものです。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ