更年期障害の頭痛とさよならしたい!効果的な対処法は?

更年期障害の辛い症状の1つに、頭痛があります。頭痛が起きると仕事や家事に支障が出て、通常の生活が困難になってしまいます。

更年期障害の頭痛は一旦治まってもまた再発し、長く続くこともあり大変苦しい症状です。今回は頭痛についての基礎知識と原因や治療法、辛い痛みが起きないようにする予防策まで詳しく紹介します。


更年期障害の辛い症状!そもそも頭痛とは?

医療において頭痛は、二次性頭痛と機能性頭痛に分かれます。二次性頭痛とは、頭部に起きる病気に伴う痛みです。機能性頭痛は慢性的に起きる頭痛で、主なものは緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛です。このうち片頭痛と緊張型頭痛は女性に多く、群発頭痛は男性に多いというデータがあります。

更年期障害の頭痛!どのような症状がある?

更年期障害の頭痛は、緊張型頭痛と片頭痛が多いと言われます。人によっては両方の頭痛が起きることもあります。更年期には頭痛が1日に何度も起こり、痛みが長く続くという声が聞かれます。

緊張型頭痛とは?

長時間同じ姿勢による肩こりや、眼精疲労による筋肉の緊張が原因で起こります。精神的なストレスが原因のこともあり、頭を締め付けられるような痛みが特徴です。緊張型頭痛の場合は温めて血行を良くすると効果があります。

よく聞かれる片頭痛とは?

片頭痛はこめかみから目にかけてズキズキと痛み、吐き気を伴うこともあります。光や音、気圧の変化に過敏になり、体を動かすと更に痛みが増します。片頭痛が起きたら静かな場所で横になって休み、痛む部分を冷やすと効果があります。

辛い頭痛の原因は?更年期の様々な背景が!

ここまで頭痛について見て来ましたが、更年期障害の頭痛はどのような原因で起きるのでしょうか。

自律神経が影響している

更年期に入ると女性ホルモンの分泌が減る影響で、自律神経のコントロールが乱れてしまいます。交感神経が刺激されると筋肉が緊張して固くなり、さらに血行が悪くなって頭痛が起こります。

肩こりや体の歪みなども原因

長い時間同じ姿勢を取ると肩こりや目の疲れを生じます。不自然な姿勢も血流が悪くなり、頭痛が起きます。寒い場所に長い時間滞在することによる冷えも原因になります。

その他にも様々な原因が

更年期は重大な仕事を任されたり、家庭内で環境の変化があったりと、様々なことが起きる時期です。ストレスや悩みが重なって頭痛が起きる場合もあります。また、更年期に限りませんが、低気圧や台風の影響で気圧が変わって頭痛が起きることもあります。水分不足も頭痛の原因になります。

更年期障害の辛い頭痛!どのような治療法がある?

更年期に起きる頭痛は、他の更年期障害の症状と重なって大変辛い時があります。生活に支障が出る痛みの時は別の病気の可能性もあるので、医療機関を受診しましょう。

医療機関で薬を処方

通常は内科や婦人科で処方してもらえますが、近年では頭痛外来を設けている医療機関もあります。病院では、いつからどこにどんな痛みがあるか、吐き気や他の症状はあるか、以前も頭痛はあったか、などの問診を行って診断を下します。漢方薬を希望する場合は、その旨も伝えましょう。

市販薬で症状を緩和

手軽に購入できる頭痛薬でも、一時的に痛みを和らげることができます。しかし、長期にわたる使用は体に負担がかかるのでやめましょう。他に飲んでいる薬がある場合も、飲み合わせの心配があるので医師や薬剤師に相談してから服用しましょう。

頭痛までいかない軽い症状!どうすれば治る?

痛みとまではいかなくても、首の後ろの張りや、こめかみに圧迫があり、頭が重く感じることがあります。血流が悪くなっている可能性があるので、首や肩、腕をゆっくり回してみましょう。湯船につかりながら、リラックスして動かすのも効果があります。

更年期障害の頭痛はもうイヤ!おすすめの予防策は?

頭痛に見舞われると仕事や家事などがはかどらず、影響が出てしまいます。なるべく症状が起きないようにするための予防策をまとめてみました。

適度な運動が必要

血流を良くするためには、適度な運動が必要です。軽く汗が出るくらいのウオーキングやストレッチなどを行いましょう。簡単な運動を日々続けることがポイントです。体全体の血行を良くして頭痛を予防しましょう。ただし頭痛がひどい場合は無理をしてはいけません。

規則正しい生活を

可能な範囲で、毎日規則正しい生活を心がけましょう。睡眠時間の確保も大切です。疲れがたまると抵抗力が落ちて体の不調に繋がります。朝日を浴びて体内時計をリセットすると、自律神経の活動が整い快方に向かいます。

栄養を考えた食事

女性ホルモンに似た作用をする大豆イソフラボンや、血流を良くするビタミンE、自律神経に働きかけるビタミンA、Bやミネラルを積極的に摂りましょう。ただし、同じ食品の過剰摂取は体に負担をかけてしまいます。また、血管を拡張する食材や、血圧を上げるものの過度な摂取も控えましょう。

ひどい頭痛の場合は注意!更年期障害以外の病気は?

突然起こる激しい頭痛や、めまいや吐き気、手足のしびれ、会話がしにくいなどの症状を伴う場合は、くも膜下出血や脳梗塞などの疑いがあるのですぐに病院を受診しましょう。日に日に痛みが増していく場合も注意が必要です。

まとめ

辛い更年期障害の頭痛についてご説明してきましたが、いかがでしたか。頭痛には種類があり、温める場合と冷やす場合がありました。日々の生活でできる予防策は、血流を良くするために体を動かすことがポイントです。痛みがひどい場合は、1度診察してもらうことをおすすめします。更年期障害は個人差があり症状も異なりますが、少しでも快方に向かうよう、この記事が参考になれば幸いです。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ