更年期障害によく効く薬とは?エストロゲンが重要です

更年期障害とは女性が更年期となり排卵が停止する事から今まで分泌していた女性ホルモンであるエストロゲンが停止することでホルモンバランスを崩し、結果、自律神経の働きにも影響を及ぼすようになり様々な更年期障害の症状として身体や心に現れます。

更年期障害の治療方法としては薬による治療が効果的で、その薬の種類としてはサプリメント、漢方薬、病院で処方される薬などがあるのです。

更年期障害とは?更年期の女性の病気

更年期障害とはよく耳にする病名ですが、その症状は女性に多く見られる症状なのです。特に多い自覚症状としては次のようなものとなります。

    <更年期障害の自覚症状>

  • 急にイライラする事が多くなった
  • 顔に火照りを感じ、異常な汗をかく
  • めまいがしたり、頭痛に悩まされる

更年期障害になってしまったら?まずは病院

更年期障害の自覚症状を感じて更年期障害になってしまったと感じたらどうしたらいいのでしょうか。更年期障害になってしまうのは人間の身体の変化に伴うものなので仕方ない部分はあるのですが、軽度の場合様子を見てもいいかもしれません。しかし、重大な病気が隠れている場合もあるので出来る限り病院で検診を受けるようにしてください。

どんな病気の可能性がある?

更年期障害と似たような症状がある病気は次の通りです。

    <更年期障害と似た症状の病気>

  • 高血圧
  • 甲状腺機能障害
  • バセドウ病
  • 心臓病や狭心症
  • メニエール病/
  • くも膜下出血
  • 脳腫瘍
  • 子宮筋腫や子宮ガン

このように意外と重大な病気が隠れているケースがあるので侮ってはいけないのです。

更年期障害治療の薬とは?大きく分けて3つ

更年期障害になるとその治療として使われる薬として、大きく分けるとサプリメント、漢方薬、病院で処方される薬に分けられます。

サプリメントとは?

サプリメントとは形が薬に似ているので薬と勘違いされやすいのですが、区分としては食品に分類されています。普段食事などでは不足してしまう栄養素を補う為に飲むものとなります。

漢方薬とは?

漢方薬とは自然界にある植物や鉱物などから作られた生薬を複数混ぜ合わせて作られたもので何千年という長い年月をかけて作られたもので自然の恵みからできている薬と言えます。

病院で処方される薬とは?

更年期障害の薬として病院で処方されるものとして最も多いのが、ホルモン補充療法で処方される薬です。ホルモン補充療法で処方される薬とはどのようなものがあるか見ていきましょう。

    <ホルモン補充療法で処方される薬>

  • エストロゲン単剤
  • エストロゲン+黄体ホルモン配合薬
  • 黄体ホルモン単剤

その他の薬

更年期障害の治療薬としてその他としては保険が効かない治療として低容量ピルが処方されるケースもあります。低容量ピルは卵巣の機能を向上させる働きがあり、更年期障害の症状を緩和する効果があるのです。

更年期障害改善に効く?この成分が重要

更年期障害の改善に効くと言われている成分にはどのようなものがあるのでしょうか。更年期障害に効く治療薬を探すときに参考になるので更年期障害に効くと言われる成分を紹介していきます。

イソフラボン

イソフラボンは大豆に多く含まれている成分で更年期になると減少してしまうエストロゲンと似た働きをしてくれる成分です。

サポニン

サポニンも大豆に多く含まれている成分で抗酸化作用が高く、血流の改善効果も図れます。血流改善は自律神経乱れからくる血流障害の改善効果があるため更年期障害の改善にもつながります。

ローヤルゼリー

ローヤルゼリーは女王蜂の主食として長寿の為の豊富な栄養素を含んでいます。欧米では古くから更年期障害対策用の健康食品として重宝されています。

エクオール

エクオールはイソフラボンよりもエストロゲンに近い成分として注目を浴びている成分でイソフラボンが体の中の腸内で善玉菌や酵素が作用することで合成される成分なのです。

ジンセノサイド

ジンセノサイドは高麗人参にしか含まれていないサポニンの1種なのですが、サポニンは過剰摂取すると毒性を示すのですが、ジンセノサイドは毒性を示さずサポニン同等の効果を発揮してくれるのです。

ポリフェノール

ポリフェノールは非常に高い抗酸化作用がある成分で紫外線から守ってくれる役割を果たしてくれます。主に植物の実の皮部分に多く含まれています。

ザクロ

ザクロの中に含まれている成分のエストロンという物質がフィトエストロゲンの1種として更年期になって減ってしまったエストロゲンの補充成分として効果があります。

プラセンタ

プラセンタとは女性に必要とされるホルモンや栄養素を多くふくんでいる胎盤エキスのことです。パーフェクト臓器とも呼ばれ大変重宝されています。

マカ

原産地の南米においては女性の不感症や不妊症の治療薬として使用されていて血流改善効果やホルモンバランスの調整を行う効果があるとして更年期障害の治療薬として使用されています。

ビタミンB1

ビタミンB1は更年期障害の原因である自律神経の乱れに対して脳神経を調整する働きがあるため更年期障害の改善する働きがあります。

ビタミンD

ビタミンDは女性ホルモンの合成を促す成分で卵巣に多く含まれている成分となります。

葉酸

葉酸はビタミンB1の1種で細胞を活性化させたり、代謝を向上させたりする効果があります。また、血流の改善にも効き動脈硬化の予防にも効果があります。

薬を使うメリットとデメリット?治療効果が高い

更年期障害の治療を行うのに薬を使用する場合には、メリットとしていい面もありますが、やはり薬なのでデメリットもあります。それぞれについて見ていきましょう。

メリットは?

更年期障害の治療に薬を使うメリットは、更年期の女性の体の変化によって減少したエストロゲンの代わりに直接ホルモン剤を注入し量を増やす為、治療効果は非常に高いというメリットがあります。

デメリットは?

効果が高い反面デメリットとなるのが強い副作用が起こりやすいのです。また、ホルモン補充療法においてはエストロゲンの過剰摂取により乳がんや乳腺症、子宮筋腫といった病気になりやすくなるというリスクも上がってしまいます。

まとめ

更年期障害とは更年期と呼ばれる排卵機能が停止する時期を境に体が変化する女性に見られる症状でほてりやホットフラッシュを中心とした非常につらい症状が襲って来ます。その期間は短い人は珍しく多くは5年~10年もの間その症状に悩まされることになるのです。

よって劇的な改善ということは難しく症状を軽減させる為に薬と上手に付き合って行く事が大事なのです。更年期障害のポイントはホルモンのバランスが崩れた事によるもので、その要因はエストロゲンの分泌にあります。似たような要素を持つ成分で作られた薬を補充する事で症状の低減が図られますので薬をうまく利用していきましょう。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ