30代から若年性更年期障害!私生活で治す方法は?

30代だから関係ないと思っていませんか?若年性更年期障害は年齢は関係なく自律神経の乱れが原因で起こります。イライラや肩こりなどの体の不調はありませんか?

若年性更年期障害か確認できる20ポイントの自己診断(後述)でチェックが多い人は若年性更年期障害かも。

若年性更年期障害は治らないと思っている人が多いです。簡単な食生活の改善や質いい睡眠を取ることで治すことや予防できます。

ホルモンバランスが原因?ホルモンバランスを整えよう

更年期障害は年齢が関係ない?

更年期障害と言えば40代50代からの症状だと思ってませんか?更年期障害とは閉経期におこるものなので私は関係ないと思っている方が多いと思いますが更年期障害には年齢が関係ないのでいつ起きてもおかしくない症状なのです。

ストレスから起きるホルモンバランス乱れ

なぜ若年性更年期相が増えているのか?現代社会での仕事や育児で女性へのストレスの増加によって女性ホルモンの分泌に影響を与え、ホルモンバランスが乱れると自律神経にも影響があります。自律神経が乱れてしまうと自律神経失調症なり、若年性更年期障害の原因になってます。

対策は笑顔を作ることがストレス緩和に効果的です。サプリメントを飲むのもいいんですが、笑顔を自分も元気になるだけではなく周りも笑顔にすることができるので今いる環境問題も変わる可能性があります。

不規則な生活から起きるホルモンバランスの乱れ

24時間やっているお店が増えてきました。そのことによって便利になった反面、働いている人はもちろん夜に遊んだりするので不規則な生活の人が増えてきてます。睡眠不足や不規則な食事心当たりはありませんか?特に睡眠不足はホルモンの分泌に影響をあたえ体の疲れも取れずストレスの原因にもなります。

対策はきちんと決めた時間に寝て決めた時間に起きることです。睡眠はただ寝れば良い訳ではなく、決めた時間に就寝起床することによって睡眠の質が上がり少しの時間でも睡眠不足になりにくくなります。

栄養失調が原因?食生活で治す若年性更年期障害

ダイエットによる栄養失調

多くの女性は美しく綺麗でいたいですよね、そのため多くの女性はダイエットでご飯抜いたりすると体の栄養が足りなくなり栄養失調状態になってしまいます。栄養失調状態になってしまうと月経がこなくなったり体の不調にでてきます。(これは偏った食生活をしている人も当てはまります)

月経が予定日からずれたりやりすぎると無月経になってしまい月経がこなくなるとホルモンバランスが乱れてしますのでので心当たりのある人は改善していきましょう。

対策はダイエットをするのはいいのですが、適度な食事や栄養が足りないと思った場合はサプリメントを摂取することを心がけましょう。

運動不足が原因?筋肉低下は要注意

適度な運動をして若年性更年期障害予防

30代ぐらいになると仕事が忙しい、家事が忙しいなど、運動ができる時間がすくなくなっていきますよね?運動をしないとどうなるか。。。運動をしないと体の筋肉が落ちていき体内の機能が低下していきます。

体内機能が低下してしまうと栄養を体に取り込みにくくなったり、血液がうまく回らなくなってしまいます。注意点運動はしないといけないですが激しすぎる運動は逆に卵巣機能を低下させ、ホルモンバランスが乱れてしまうので適度な運動を心がけましょう。

対策、歩くことは全身の筋肉を使うのでできるだけ歩くようにすると若年性更年期障害の予防になります。

若年性更年期障害かも?20のチェックポイント

5以上当てはまる人は、若年性更年期障害の注意早く病院に行くか改善しましょう。

    <自分でできる!自己診断>

  • 生理不順、生理痛
  • 疲れが取れない
  • 耳鳴りがする
  • ドライアイドライマウス
  • 頭痛やめまい
  • のぼせほてり感がある
  • 肌が乾燥しやすい
  • 抜け毛白髪が増えた
  • 厳秘や下痢になりやすい
  • 寝つきが悪い
  • 頻尿
  • 著しい体重の増減
  • 食欲不振
  • イライラ
  • やる気が出ない
  • 記憶力集中力の低下
  • 気分が落ち込む
  • 人と話すのが嫌い
  • 黙っていられない

何個当てはまりましたか?たくさん当てはまってしまった場合は、医療機関に行くことをお勧めします。

若年性更年期障害は治せる?2つの治療法

漢方薬やサプリメントで治療

漢方薬やサプリメントを飲み改善していきます。即効性はありませんが、長期的にやることにより健康的な体を作ることができます。

ホルモン剤を投与して治療

漢方薬とサプリメントと違いホルモン剤を投与するは即効性がありますが、不正出血や長期的に使用すると乳がんの可能性が上がるります。今現在深刻な場合はホルモン剤で状態を緩和して漢方薬やサプリメントを摂取し健康的な体を作ることをお勧めします。

病院はどこに?若年性更年期障害は婦人科!

若年性更年期障害は婦人科へ

ここまで読んでいただいてもしかしたら若年性更年期障害なのかもしれないと思った方、病院は内科より婦人科がお勧めです。なぜかと内科ですと症状にもよりますが、体調不良だと診断される可能性があるからです。

婦人科は血液検査によるホルモン量を測定することによってどれだけホルモンバランスが崩れているかを見てくれるので今回若年性更年期障害が気になって方は婦人科へ!

若年性更年期障害なりたくない!ならないための私生活!

若年性更年期障害は予防できるので日頃の私生活を見直してストレス軽減、睡眠、食生活、運動を行って自分の体は自分で守って自分でどうにもできないと思って時にはすぐに専門機関で見てもらい改善していきましょう。更年期障害にいい栄養素は大豆イソフラボン、ビタミンE、亜鉛、ビタミンCです。

大豆イソフラボンは自律神経を整えてくれる効果があり、ビタミンEと亜鉛はホルモンバランスを整えてくれる効果があります。ビタミンCはストレスに対しての免疫力を高めてくれて肌や髪にもいいので女性は取っておきたい栄養素ですね。

ですが取りすぎはよくないのでバランスのあって摂取心がけましょう。最後に更年期障害は心の病気でもあるので一人で苦しまず周りの人を頼りながら改善するのが一番の近道です。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ