更年期障害に伴う不眠症?乗り切る為の簡単にできる対策!

更年期障害が始まるとそれに伴い不眠症を訴える女性が非常に多く見られます。主な不眠症の症状としては入眠障害、中途覚醒、早期覚醒、熟眠障害といったようなものが現れます。

更年期障害に伴う不眠症は、個人差はありますが体のホルモンバランスの崩れに生活環境からくるストレスなどが複雑に重なり症状として起きてしまいます。更年期障害の期間はおおよそ10年間と長いことから不眠症を解消できるように上手に付き合って行くことが大事なのです。

不眠症とは?平均睡眠時間より短い

不眠症と呼ばれる睡眠障害とはどのようなことか知っていますか。睡眠障害と診断されるケースはまず平均睡眠時間より短い状態の人を睡眠不足の状態と言い、その上で、次のような症状が見られる場合は睡眠障害と診断されることになります。

平均睡眠時間は?

平均睡眠時間は日本人の場合は6.5から7.5時間程度となっています。これより短いケースを睡眠不足の状態としています。

睡眠障害を疑われる症状

睡眠障害として疑われるケースは概ね次の4つとなります。

    <睡眠障害と疑われるケース>

  • 入眠障害
  • 中途覚醒
  • 早朝覚醒
  • 熟眠障害

更年期障害の不眠症?特徴はこれ!

更年期を迎える女性には閉経期不眠症という更年期に起こる不眠症もありますが、更年期障害の症状として約30から40%近い人が睡眠障害で悩んでいるのです。

更年期障害の不眠症の原因は?

更年期障害として起こっている不眠症の原因は、おもに次のようなものがあります。それぞれが単独で出ているケースもありますが、殆どが複雑に絡み合って不眠症を起こしてしまっているのです。

    <更年期障害の不眠症の原因>

  • ホットフラッシュが夜中に起こる
  • 家庭や社会でのストレス
  • 更年期特有の鬱、不安症状
  • 女性ホルモンの減少

睡眠障害を改善するには?生活習慣の見直し

更年期を迎えて睡眠障害になってしまった場合改善する為には、生活習慣の見直しをすることが重要なのです。

見直すべき生活習慣は?

見直すべき生活習慣として特に注意すべきこととしては、寝る時間と起きる時間を毎日同じとする規則正しい睡眠リズムを保つことです。そして眠りに入りやすいように明かりや音、そして寝具などを眠りやすい環境にすることです。

そして、寝る前にリラックスできる時間を作るとか、夜眠れるように昼寝はしないようにするといった事も大事です。またコーヒなどの嗜好品も見直しをすることが重要となります。

不眠症の対策は?お勧めの簡単な方法

更年期になって不眠症となってしまった場合にお勧めの対策があります。簡単に出来ることもあるのでまずは試してみましょう。

自分を解放する時間を作る

更年期の女性は子供の事や親の事などどうしても自分よりも周りの事を優先してしまいがちで気づいたら自分の感情を抑制しがちなのです。自分の気持ちを解放して泣いたり、笑ったりする時間をつくる事を心がけるようにしましょう。

運動で心地よい眠気へ

良い睡眠を取る為には体内時計のリズムをしっかりと働かせる事が大事です。その為には心地よい疲労感が重要なのです。ウォーキングや散歩など適度なものやちょっとしたスポーツを始めてみる事も有効です。

眠る前にリラックス効果を

眠る前に心身ともにリラックスさせる事も重要なことです。簡単な方法としてアロマを使って緊張をほぐしたり、憂鬱な気分を向上させるという方法もあります。

活き活きした時間を確保

たまには日々の生活と違った変化も必要です。着飾ってときめくような場所に出かけて見る事も効果があります。お洒落を楽しみ、活き活きとした時間を過ごす事で眠りやすくなるのです。

更年期の不眠症はいつまで?おおよそ10年間

更年期になって不眠症の症状が出るともう一生このままなのではと感じてしまいます。この不眠症は一体いつまで続くのでしょうか。

更年期とは?

更年期とは、個人差はありますが閉経の前後5年間のおおよそ10年の時期を指します。年齢としては45歳から55歳くらいとなり、この期間に女性の体は変化を伴い女性ホルモンの分泌が徐々に減少していくのです。

いつ終わるの?

これについても個人差があるので正確なところは難しいのですが、更年期障害の始まった時期から概ね10年というのが目安になります。終わりが無いわけでは無いのですが、非常に長い期間となるので簡単にできる対処方法など工夫をしてうまく付き合っていく事も大事な事なのです。

まとめ

更年期障害を発症する頃と時を同じくして不眠症などの睡眠に対する障害が現れる女性が数多く存在します。その要因は更年期障害の症状であるホットフラッシュやストレス、女性ホルモンのバランスの崩れなどからくる体調不良などに伴う睡眠障害が発症してしまうのです。

睡眠障害としては、なかなか寝付けない入眠障害、睡眠途中で目が覚めたり、朝までに何度もめがさめてしまう中途覚醒、予定している起床時間より2時間以上も早く目覚めてしまう早朝覚醒、睡眠時間としては十分なのに深く眠ったと感じられない熟眠障害などに分けられます。

睡眠障害のかいぜんとしては、生活習慣の見直しが最も重要なことで寝る時間と起きる時間を毎日同じ時間にする事からスタートです。そして適度な運動やリラックスできる工夫を取りながら改善を図っていきましょう。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ