理解者がいて良かった!理性を失う恐ろしい更年期障害の症状 47歳 F.N.さん

更年期障害って何をしてしまうか分からないですね。本当に自分でもあのときの自分が怖いです。

それくらいに良く分からない衝動的な行動に走ってしまうのです。

私は更年期障害になって更年期の恐ろしさを感じました。更年期障害というのは理性が失われるときなのです。


もっと理性的で落ち着いていた更年期前

私は更年期障害になるまでは理性的な人間でした。納得いかないことがあるとムッとしてしまう性格は元々だったけど、それを理性で抑えて周りとうまくやっていこうと心を砕くタイプでした。

理性的に落ち着いて仕事をしていたのです。更年期になる前にはこれでも仕事もできる方で、職場でうまくやっていました。あの頃は何の問題もない一職員であり、理性が失われてしまうことなんて考えたことがなかったです。更年期になる前はすごく落ち着いていました。

職員と一発触発で喧嘩になった!

しかし43歳くらいの頃から更年期で悩むようになったのですよね。私がすぐに自分が更年期障害だと自覚しました。

でもこのことをいちいち周りの人に言うわけにもいかず、黙っていたのです。その頃から気持ちがピリピリすることが増えて、納得いかないことがあるととことん相手に自分の意見を押し付けていました。

このときに理性が全く利かなかったです。だから周りとピリッとした雰囲気になることも多くて、大変でした。更年期障害で辛かったのは周りとの接し方がうまくできなくなることです。

このせいで同じ職場の職員と一発触発な雰囲気になることもあって、苦労しました。

私のそばには理解者がいた

対策とまでは行かないかもしれませんが、私が更年期を乗り切れたのは同じ職場で働く人に理解者がいたおかげです。

私とほぼ同い年の職員がいて、その職員が更年期まっさかりだったのです。だから私の気持ちにも理解を示してくれてすごく心強かったです。そういう理解者を偶然にも見つけたことが更年期障害を乗り切るコツだったのでしょう。

理解者がいてくれたおかげで心強い気持ちになって、更年期の辛い時期を切り抜けることができました。同じ職場に同じ更年期に苦しむ仲間がいたのはありがたいことでした。これがなかったら私はもっともっと苦しんで、もしかしたら仕事をやめていたかもしれません。

本当に良かったです。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ