更年期障害と高血圧の関係とは?予防には生活習慣の改善が重要!

更年期障害の時期を迎えると同時に高血圧で悩まされる事が多くなります。高血圧になるとそれ自体はサイレントキラーと呼ばれている通りで何か急を要する症状が出ることは少ないのですが、重大な病気の発症へと確実に近づいて行ってしまうのです。

もちろん更年期障害の症状が高血圧の引き金になっているケースもあるので注意は必要ですが、更年期障害も高血圧も共に生活習慣の改善が予防の為には大きなポイントとなっているのです。

更年期に起きる高血圧の原因は?更年期障害の影響

更年期の時期になる40代くらいになると血圧が高くなったり、低くなったり変動が激しい不安定な状態となります。そしてその状態が続くと高血圧となってしまうのです。

高血圧の基準値とは?

高血圧とはある一定の基準値に対して高い状態を指します。血圧の数値とは上と下で表現されるのですが、上は収縮血圧を指し、下は拡張血圧のことを示すのです。病院と家庭では測定する環境が違うため次のようにそれぞれの基準が定められています。

    <血圧の基準値>

  • 病院での測定血圧140/90mmHg
  • 家庭での測定血圧135/85mmHg

これ以上の数値になった場合を高血圧としています。

高血圧になってしまうのは?

更年期の時期に高血圧となってしまいやすい原因は主に次のような理由となります。

    <更年期に高血圧となる原因>

  • 女性ホルモンであるエストロゲンの減少
  • 更年期の不安やストレス
  • 加齢による血管の老化
  • 塩分の過剰摂取による腎臓機能低下
  • 交感神経の緊張による血管収縮

高血圧が続くと?サイレントキラー

高血圧の状態が続くとどうなるのか知っていますか。実は高血圧とは自覚症状が少ないのに重度な合併症などを引き起こすことからサイレントキラーともよばれる怖い状態なのです。

高血圧が続いた血管は?

高血圧が続いた血管は、血管の壁が厚くなっていきます。そして圧力がかかり続けるためやがて弾力を失い動脈硬化へとなっていきます。そして動脈硬化となった血管は非常に脆い状態となるので様々な血管障害を引き起こすことになるのです。

どのような障害があるの?

高血圧をそのままにしておくことで引き起こされる合併症としては次のような症状を引き起こします。

    <合併症の事例>

  • 脳出血や脳梗塞、くも膜下出血といった脳血管障害
  • 心筋梗塞や狭心症、心不全といった心血管障害
  • 慢性腎臓病や腎不全、タンパク尿といった高血圧性腎障害
  • 眼底網膜症や眼底出血、末梢動脈疾患など

厚生労働省の調査結果によると50代で43%、60代では55%の人が高血圧症だというデータもあるので気をつけましょう。

更年期の血圧の特徴は?拡張血圧が高い

更年期に起こる高血圧の特徴は、脈が早くなり、拡張血圧だけが高い数値となるという特徴があります。若い頃はどちらかというと低血圧だったのに40代くらいから高血圧になる女性が多いのです。

そして更年期障害での不眠症などで血圧が上がり、血圧の低い時との差が大きくなり非常に不安定な状態となってしまうのです。

更年期の高血圧対策は?生活の改善

厚生労働省の調査結果にもあった通り更年期を迎えるとほぼ半数の人が高血圧の症状を何かしら持っている状態となります。よって予防や対策を行う事が必要です。

朝晩の血圧測定を行う

大事なことは自分の血圧の変動パターンを知ると言う事です。できる限り朝と夜の同じ時間に定点観測をする事で自分の血圧記録がいざという時の参考数値になっていきます。また数値に変動があった場合に気付きやすくなります。

さらに更年期障害であるホットフラッシュやめまいなどが起きた時にも血圧を測定しておくことをお勧めします。

食事によって改善

更年期の高血圧は、改善のために摂取カロリーを下げて脂肪分を摂りすぎないようにしていくことが必要です。注意するポイントは次の通りです。

    <食事で高血圧改善する為のポイント>

  • ホルモンバランスを整えるようにする
  • 肉の脂身などの脂肪を摂り過ぎないようにする
  • コレステロールを含む食材をなるべく避ける
  • エストロゲン補充として大豆イソフラボンを摂取する
  • 血流改善のため青魚のDHA、EPAを摂取する

生活習慣で改善

高血圧についても更年期障害についても改善させるためには生活習慣で対策を行うことは大事です。ウォーキングなどの有酸素運動を定期的に行うようにする事で心肺機能の向上や自律神経の乱れ改善、ストレス発散効果などがあり症状の改善に高い効果を発揮します。

サプリメントは効果ある?血圧安定はこれ

血圧を下げる効果のあるサプリメントも各種発売されています。代表的なサプリメントを紹介していきます。

DHA、EPA

DHAとEPAは血管壁の細胞膜の弾力性を復活させる効果があります。血管の壁が柔らかくなることで血管が拡張しやすくなるので血圧が上がりにくくなっていくのです。また悪玉コレステロールの値を低下させる働きもあるので動脈硬化の予防も期待できます。

ルチン

ルチンとはそばに含まれている成分でポリフェノールの一種です。ルチンは抗酸化力が非常に強いので悪玉コレステロールが酸化して血栓になるのを防ぐ働きがあるのです。

タウリン

タコやイカや貝などに多く含まれるタウリンはアミノ酸の一種で交感神経の働きを抑制し副交感神経を優位にする働きがあります。それによって血圧を低下させる効果が期待できるのです。

まとめ

更年期の時期になると今まで低血圧だった人までも高血圧に悩まされることが多いのです。これは、更年期になると女性の体に起こる変化で女性ホルモンであるエストロゲンの減少や更年期特有の不安やストレス、そして加齢による血管の低下などから血管の壁が厚くなることから高血圧となっていってしまうのです。

また、日ごろの生活環境からも塩分の取りすぎなどが積み重なると高血圧へと体質が変化していってしまうのです。高血圧はサイレントキラーと呼ばれるように気づかないうちに重病の入口へと導いて行ってしまうため、できる限り早めの予防が重要です。その為に効果的なのは運動や食の改善を含めた生活習慣の改善なのです。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ