この症状は更年期障害それとも鬱病?生理はどうですか!

3h7msrhs8女性なら誰もが通らなければならない道です。

ただ症状は個人差があり、知らずに過ぎてします人もいます。

忙しく動いている人は多少の体調不良を更年期障害と思わずに過ごしてしまうのです。

女性は辛かった

昔の女性は更年期という言葉すら周知されていませんでしたので「怠け者」扱いをされた時代がありました。

ある日突然だるくて起きられない、仕事(農作業)が出来ない、頭痛、便秘が続きとうとう吐き気まで自分の身体はどうなってしまったのか?不安と周りの目にドンドン追い詰められ、寝込む事に病院は何科にかかったら良いのか?

婦人病とは思われていなかったので内科の受診がほとんどでした。病院のはしごを続けるしかなかった時代でした。ここ20数年で更年期という言葉イメージは変わりました。更年期が社会に認知され、どうどうと言える時代になりました。

更年期と言われる年代は40代からですが、更年期障害が起こる年齢は個人差があります。ホルモンバランスが崩れることにより起こりますので、男性にも更年期はあることが言われてます、女性だけの病気ではないのです。

症状の出方や年齢は様々です

症状でよく言われることは発汗です。突然顔だけ汗をかく(カーと熱くなりドーと汗が噴き出す)、背中だけ汗をかく、冷え性だったのに足が熱くなり、布団から出して寝る等、部分的に熱くなります。

次に倦怠感も多く聞きます。女性特有の病気で子宮や卵巣を摘出した方はホルモンバランスが崩れるため、年齢より早く起こることもあります。現在は更年期外来が産婦人科に設けられている病院も多いので、通院は可能です。

病院に寄っては症状によりホルモン療法を勧められることもあります。

お母さん奥さん元気ですか?

何となくだるい、元気が出ない、食事の用意メニューなど考えることが面倒、掃除や外出もおっくうになる。

今まできちんとやってきた母親、奥さんがこのようになったら、家族は気づいてくれるでしょうか?当たり前が当たり前でなくなった時、家族は不満を持ち相手を責めます。家事は母親、妻の仕事と思っている方がまだまだ多いです。

周りが気がついてくれることが一番ですが、日常的な流れはなかなか気がつきにくいです。

生理は順調?

更年期と言われる年齢に入った時には、自分を身体を見つめ直し、長年付き合っている生理は順調か?

不順になっていないか?おりものはどうか?確認して下さい。婦人病の発見にもつながりますから。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ