更年期障害を乗り切ろう!自分でできる更年期障害の症状への対策とは?

40代を迎える頃になると、そろそろ友人の間でも話題として上ってくる「更年期障害」。病気という分けではなく、どのように付き合っていくのかが大切ですが、更年期障害になることを考えると憂鬱になります。

しかし、更年期障害になってしまったとしても、その症状を緩和するために自分でできることがあるのです。今回は更年期障害になってしまった時に、どのように対策を取ることが出来るのかをお伝えしていきます。


まずは原因を追究!更年期障害になる要因とは?

更年期障害は女性の閉経と関連があります。閉経とは、卵巣の機能が低下することがきっかけで生じる現象ですが、卵巣の機能が低下することで女性ホルモンエストロゲンが不足するようになります。エストロゲンは、妊娠や出産をサポートしてくれるホルモンの1つです。

女性を精神的にも身体的にも安定させているこのホルモンが不足することで、ホルモンの分泌を調整している脳の視床下部は、より多くの女性ホルモンを分泌するように指令を出します。しかし、卵巣の機能自体が低下しているので指令は上手く届かずに視床下部は混乱してしまいます。

自律神経に大きな影響を与える

脳の視床下部はホルモンだけではなく自律神経もコントロールしている部位になります。そのため、視床下部がうまく機能しなくなることで自律神経が混乱してしまい、体には様々な症状が現れてくるのです。

更年期にどんな症状が出て来るの?代表的な更年期障害の症状とは?

自律神経は、不随意筋をコントロールしています。不随意筋とは、私たちの意思で動かせない筋肉のことです。例えば内臓や血管などがそれに当たります。

特に更年期障害は、血管の不随意筋に関与している自律神経に影響を及ぼしやすく、血流や血圧のコントロールがうまく行かなくなってしまいます。その結果、以下のような症状が現れやすいことが分かっています。

のぼせ・ほてり

頭から上の血管に、突然強い血圧がかかったり、血管が大きく収縮することで、必要以上の血液が流れ込んでしまうことで、のぼせやほてりの症状が現れます。

発汗

汗の調整も自律神経が行っていますが、その調整が出来なくなって、暑くもないのに大量の汗をかいてしまうことがあります。

また、女性ホルモンエストロゲンは、精神的な安定に作用しています。そのため、女性ホルモンが不足することで、不安や抑うつ感の増悪、睡眠リズムの乱れなどに影響が出てしまうようです。

少しでも更年期障害の症状を緩和させるために!自分でできるヘルスケアに挑戦していこう

女性ホルモンの減少と言う避けられない変化が理由で生じている更年期障害ですが、毎日の生活の中で工夫をすることで症状に対して対策を取ることが出来ます。注目するポイントは、ホルモンバランスを整えることと、自律神経を整えることです。

毎日の生活習慣を少し見直してみませんか?自分のためにコツコツできること

自律神経は特にストレスから影響を受けやすい神経です。そのため、毎日の生活を規則正しい生活にすることはとても大切です。起床時間や就寝時間を一定にすること、良質な睡眠をとることは中でも重要なポイントになります。

色々なメリットがあるのはやっぱり運動習慣!どんな運動を取り入れていくと良いの?

運動は自律神経を整える高い効果があります。また、体を動かすことで生活のリズムが出来ることになります。適度な疲れは良質な睡眠のためには必須です。毎日の生活の中で運動習慣を身に着けていきましょう。

有酸素運動

運動の中でも有酸素運動が特にお勧めになります。有酸素運動は酸素を多く取り入れる運動になるため、自律神経が乱れていても呼吸の力や循環器の力を使って体を正常な状態に保ちやすくなります。また、運動はストレス発散のためには大変効果的です。無理なく続けられるところもお勧めのポイントになります。

食生活の見直しもとっても大切!更年期障害に効果的な食事とは?

ホルモンバランスを整えるために大切なのは食事です。ホルモンは食事内容に大きく影響されています。特に、亜鉛やビタミンEはホルモンバランスを整えてくれます。

女性ホルモンエストロゲンと同じような働きをすると言われている大豆イソフラボンを摂取することもとても大切です。

亜鉛

亜鉛はホルモンの合成を助けたり、ホルモンの分泌を調整してくれる役割があります。亜鉛を多く含む食品としては牡蠣や豚のレバー、牛肉などがありますが、サプリメントで補給をすることも良い方法です。

ビタミンE

ビタミンEもホルモンバランスを整えてくれる働きがあります。また血行促進作用もあるため、更年期障害の症状を緩和してくれる可能性が期待できます。

ビタミンEはすじこ、いくら、めんたいこなどの魚卵に多く含まれています。身近な食材では、カボチャやホタルイカ、鯛などの多く含まれています。

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは、女性ホルモンエストロゲンと類似した働きをしてくれます。そのため、不足しがちな女性ホルモンを補い更年期障害の症状を緩和してくれる作用が期待されます。大豆イソフラボンは、納豆、豆乳、豆腐、油揚げなどに多く含まれています。

まとめ:色々な工夫を毎日の生活の中に組み込んでみよう!

更年期障害は避けることが難しい障害ではありますが、ちょっとした工夫で症状を緩和させることが出来る可能性がある障害でもあります。毎日の生活習慣を見直し、食事にも少しの工夫を取り入れて、辛い更年期障害を乗り切っていきましょう!

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ