発症前にも実は対策が!発症前・後の更年期障害対策!

今や50代に限らず、20代から30代でも発症する事がある更年期障害ですが、その症状に対して改善が見込める方法は無いのでしょうか?

実は発症前、発症後に関わらず更年期障害の症状を改善させる方法は幾つもあります。ただ、その人にあった更年期障害の対策が何なのかを見極めるのが難しいだけです。

そこで、ここでは一般的な更年期障害を改善する為の対策について紹介をします。自分にとって取り組みやすい更年期障害対策を是非見つけて実践しましょう!

こうして防ごう!更年期障害

更年期障害を防ぐ・改善する為の対策は基本的に「自律神経のバランスを整える」という事を目的とします。これは発症前であろうと発症後であろうと変わりません。

更年期障害はホルモンバランスが変化する事で起こる自律神経の狂いが原因です。ホルモンバランス自体は閉経による変化の場合は戻りませんので、自律神経の調整に意識を向けましょう。

発症前に対策を!先に備える3つの更年期障害対策

更年期障害は何も起こってから対策を取るだけではありません。起こる前にも対策は幾らでもあります。ホルモンバランスの変化に対して柔軟に対応できる身体を作れば良いのです。

ここでは更年期障害が発症する前にできる対策を紹介します。

生活環境を整えておく

まず手始めに取り組むべきは「生活環境の調整」です。ホルモンバランスの変化はストレスの多い環境で特に起こりやすく助長され、自律神経の狂いも生じやすいです。

ですので、常日頃からストレスフリーな環境を「私生活」に取り入れる事でホルモンバランスの変化を抑え、更には自律神経の振幅を最小限に抑える事ができます。

いざ更年期障害が始まったとしても、生活上のストレスが少なければ少ない程に自律神経の狂いは最小限に抑えられます。

運動習慣を取り入れる

発症前から運動習慣を取り入れるのもとても良い更年期障害の対策です。自律神経の交感神経を適度に刺激する事で反対の副交感神経を活発にするきっかけとなりますので、発症前のバランスを良くできます。

生活リズムを整える

生活環境と同時に生活リズムを少し変えるのもとても効果的です。

    <更年期障害に良い生活リズムの変化>

  • 早寝早起きをする
  • 夏でも湯船につかる
  • 半身浴でゆっくり温まる
  • 朝晩の食事は控えめに、昼をしっかり取る
  • 夜9時以降はデジタル機器には触れない

このようなリズムを整える事で人間の体内時計に従った健康的な生活が送れます。それはそのまま自律神経の調整に繋がるのです。

発症後でも大丈夫!今から始める3つの更年期障害対策

「自分はまだ大丈夫だろう」と思っていたら更年期障害がやってきた。そんな時でも「改善の対策」は幾らでもあります。

ここでは発症してからの更年期対策について紹介をします。

変化を拒否しない

まず気持ちの整理から始めます。若年性はともかく50代からの更年期障害はホルモンバランスを取り戻せません。新しいバランスに適応する必要があります。

戻れないかつてのバランスに戻ろうとせず、新しい自分を迎え入れる心の準備をしましょう。それだけで気持ちに余裕が生まれ自律神経の調整に役立ちます。

生活リズムを整える

自律神経に狂いが生じた時は、とにかく穏やかな日常を送る事が重要です。今日する必要が無い事はなるべく先延ばしにしてゆったりとした時間を過ごす生活を最優先にしましょう。

時間に追われる生活が現代で一番のストレスであり自律神経を狂わせる原因です。

運動習慣を取り入れる

適度な運動習慣は発症後の更年期障害対策にも効果的です。ただし競技性の高いものは避けて、ウォーキングやハイキング、水泳といった自然に触れたり、マイペースで取り組める運動を選びましょう。

即効性が魅力!薬の併用も有効な対策

更年期障害の症状は日常生活に大きなストレスを生みます。ですので、症状が重たい場合には安定するまでの繋ぎとして薬の力を借りる事も考えましょう。

大切なのは薬を使う使わないではなく、心の安定した生活を送れるか否かです。

優先すべきは日常の安定

とにかく更年期障害の天敵はストレスです。普段は些細なストレスであっても症状が起きている時には何倍にも強く感じられます。それが更に自律神経のバランスを崩してしまう。

発症後の更年期対策はとにかく「心身の安定」を大事に考えましょう。

薬も上手に付き合えば大きな助けとなる

薬に対して良い印象を持っていない人も多いですが、その効果と副作用を理解して目的を明確にしていれば大きな助けになります。

必要な時には積極的に使い、不要な時にはスパッと止める。それが薬の使い方です。

理解を深めて症状改善!心理療法も重要な対策

日常生活における対策を中心に紹介してきましたが、発症前、発症後問わず「心理療法」も更年期障害の対策としては効果的です。

更年期障害を「病気」として追い出したがる人が多いですが、それはあくまで自然な生理現象であると理解をする。専門家から説明を受けて納得をするというのはとても効果的です。

敵を知り己を知れば百戦危うからずと言いますが、更年期障害に関してもやはりあてはまります。

変化を受け入れよう!更年期障害は特別ではない

以上、様々な形の更年期障害の対策を紹介してきましたが、根本的な更年期障害対策は「自分をしっかりと持つ事」に尽きます。

特に50代の更年期障害は新たなステージに立った自分を受け入れる事ができるかが肝です。「昨日までとは違う自分」を前向きに受け止める事ができれば自律神経の崩れは最小限で抑えられます。

新しい自分と新しい生活、そして新しい自分との新しい向き合い方。沢山の「新しい」を受け入れて更年期障害を吹き飛ばしましょう!

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ