更年期障害とは?その不安感を解消するために必要なこと!

一定の年齢になると発症する人が多い更年期障害ですが、さまざまな症状があります。

発汗があったり孤独感にさいなまれたりと、男性では40歳以降、女性ではほぼ50歳前後で発症する人が2割から3割と言われています。

男性はテストステロンという男性ホルモンが減少することが原因で発症し、女性はエストロゲンという女性ホルモンの減少によって更年期障害が発症します。


更年期障害の具体的症状

更年期障害で起こる具体的な症状にはさまざまなものがあります。

発汗、不安感、孤独感、肩こり、めまいや疲労感、息切れや下痢などが起こります。ほぼ体調不良時の人間の症状がほとんど発生するため、別の薬を処方されることもままあります。

また、男性の更年期障害でも不安感や孤独感、発汗などは発生しますが、女性のほうが男性よりも多くの症状が出る傾向にあります。これは女性が50歳前後で閉経することに関係しています。

更年期障害かなと思ったら

もしある一定の年齢になって更年期障害かなという疑いを持ってきたら、まず専門の医師に相談してみることです。今はかかりつけ医などでもこうした病についての知識は十分に持っていますしそれに対応した治療なども行ってくれます。

現代ではネットがあるので、更年期障害チェックも自分で行うことができます。チェック項目が多く、自分でも更年期かなと思ったら、早めの治療をすることで不安感が軽減されます。

不安感を持ったまま一日を過ごすと、特に理由もなく寂しくなったり涙が出てきたりすることもあります。

更年期障害で発症した不安感を改善

こうした症状が発生してきたら、まず不安感を解消し、落ち着いて生活できることを目指す必要があります。

まず、更年期障害の治療にはホルモン療法やプラセンタを使った治療がありますが、日常生活を送る上でストレッチや運動、温かいお風呂にゆっくり浸かる、不安感から冷えた手足の先をカバーしたりすることで、症状は改善される傾向にあります。

また、不安感が強い場合には心療内科にて薬を処方してもらうと症状が緩和しますので、どうしても辛い時には無理をせず、心療内科などへも相談されることをおすすめします。

最後に

更年期障害は壮年期に入った方々が避けては通れない病です。発症しない方もいますが、もしご自分が発症してしまった時のために、あらかじめ知識を入れておき、もしもの時のために対処法を学んでおくことで、発症時の不安感などを軽減することができます。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ