更年期障害の汗の症状?ホットフラッシュと呼ばれる急な熱さ

年齢であれば45歳から。更年期が始まってから起こる不調のことを更年期障害と言います。

その症状には様々なものがあって手足の痺れだったり食欲不振だったり身体がだるかったりと色々な悩みを抱えてしまうことがあります。

それが人によって出たり出なかったりするのですが更年期障害の代表的な症状の中にホットフラッシュという汗や熱さを感じる症状があります。

ホットフラッシュの症状は熱さ寒さ発汗

頭に血が上ったようになり、顔も熱くなって紅潮してしまうことが症状として挙げられて、また頭部だけでなくて身体全体が熱くなってしまい、のぼせたような感覚だったり、ほてったような感覚になることがあります。

そしてそれらの症状は状況を問わず起こりえて、緊張やストレスをきっかけとして症状が出てくることがあります。そして熱くなったあとは冷えていき、身体が冷たいと感じることがあります。

また下半身が熱いのに上半身は寒いというような熱さと冷えの両方を感じることもあります。

原因はホルモンバランスの乱れに身体が対応できないため

正確なメカニズムは未だに解明されていませんがエストロゲンの減少が主な原因だと思われます。

更年期に入ることで女性ホルモンが減少します。またそのために身体が女性ホルモンの分泌量を正常に戻そうと卵胞刺激ホルモンを過剰に分泌して女性ホルモンの減少を補おうとするのですが卵巣機能が低下しているため上手く女性ホルモンが戻りません。

そのためホルモンバランスだけが崩れてしまいそれにより自律神経までもが崩れて発汗や体温の調整などを上手くコントロールできなくなると考えられています。

心地の良い生活空間が対策になります

涼しい場所に佇むのも良い方法の一つです。

身体が熱くなっているのですから涼しい場所でゆっくりと身体を冷やしましょう。汗をかいていても涼しいと感じられる場所なら冷えすぎることもありません。それからリラックスも有効です。

そのためにも規則正しい生活や規則正しい食生活も有効となります。睡眠不足にならないためにも早くに布団に入れると良いです。またお風呂に関してはシャワーよりも入浴したほうがリラックス効果が高くなります。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ