なぜ更年期に手足のしびれや関節痛が?更年期障害のひとつです!

更年期に入り始めると、色々と出てくる身体の不調でよく知られている症状としてはのぼせや発汗、イライラしたり不眠になったりなどがあります。

そして、朝などに現れる手足の関節痛や手のこわばりに加えて、痺れ等も更年期障害のひとつにあるのですがあまり知られていない事も事実です。

ご本人もよく分からない状況で病院へ行く事も多いので、病院でも初期の関節リウマチと更年期の関節症状については、見極めが難しいところもあります。

今回はそんな、更年期の関節痛について調べてみました。

なぜ更年期に関節痛になるの?女性ホルモンが鍵です!

女性は、加齢によって卵巣の機能が徐々に低下していきます。そうする事で、女性ホルモンの「エストロゲン」が減少して自律神経にも影響を与えます。

エストロゲンとは、コラーゲンの生成や骨を強くする事に必要なホルモンです。ですから、エストロゲンが減少する事で色々な支障が生じます。

どうして痺れるのか

女性ホルモンのエストロゲンの分泌が少なくなり、ホルモンバランスが崩れる事で皮膚の皮脂や水分バランス等も乱れるので、正常な時と比べると皮膚が受けた刺激を神経に伝えやすくなっている為、脳にも「痺れた」と伝わる為です。

何故手・足が痛むのか

エストロゲンの減少する事でコラーゲンも少なくなります。コラーゲンには関節を滑らかに動かす働きがあります。減少すると骨と骨を繋げているクッションがなくなるからです。

そうすると、骨の表面が少しずつ磨り減ってきますのでそこが炎症を起こす事もあり、痛みを生じやすくなります。

どのような症状があるのか

更年期の関節痛の症状の現れ方としては、以下のようなものがあります。

  • 一つは、朝起きた時に関節がこわばって動かしにくいと感じるようになります。
  • 二つ目は、かかとを怪我した訳でもないのに、かかとが痛くて歩けない時があります。
  • 三つ目は、コップ等を持つ手に力が入りにくくなります。
  • 四つ目は、手や足の指先が痺れるようになります。

上記のように、手や足の関節への影響する事が多いようです。

更年期にみんな関節痛になるの?なりやすい人はいます!

今までの説明ですと、更年期に入った人が全員関節痛の症状が現れると考えてしまいますが、そうではないのです。誰もがみんな関節痛が現れるとは限らないのです。関節痛の症状がない人もいるのです。

なる人とならない人何が違うか

同じ更年期の人でも、関節痛が発症する人と発症しない人がいるのは何故なのか?何か違いがあるのか?条件があるのか?実は、違いがあるのです。

若い時に無理なダイエットをして、生理が止まったことのある人や身長などのバランスを考えると痩せ過ぎている人、そして身体のバランスで筋肉量が少ない人で太っている人は骨に掛かる負担が大きいので発症しやすいのです。

更年期の関節痛は我慢するべき?和らげる事が出来ます!

更年期の関節痛が、発症しても症状も人それぞれです。病院へ行くほどではないが、なんとなく痛いかな、関節痛かもしれないなと感じている、その状況の時に出来る対応をご案内します。

簡単に自分でも出来る

関節痛は、更年期障害が原因による血行不良から生じるというだけではなく、加齢によって筋肉の衰えなどが起こる事も原因にあります。

特別な事をするのではなく毎日の生活の中で、簡単に出来るお風呂に入った時のマッサージや、家の中で掃除をしながらストレッジをするなど、どちらも自分で出来る範囲内で無理をしない程度に続ける事が大事です。

アロマで気分も良好です

シップ等で、患部を冷やす事で痛みを緩和する事も用法方ですが、アロマエッセンシャルオイルを使うと痛みを緩和して、香りで気分もリラックス出来るというおまけもあります。

  • まず、用意するアロマエッセンシャルオイルは、ディープブルー、ウィンターグリーン、ジンジャーになります。
  • はじめに、ジンジャーを1滴患部に塗ります。手のひらでよくすりこみます。
  • つぎに、ディープブルーとウィンターグリーンを各1滴ずつ」混ぜて患部に重ねて塗ります。

※アロマエッセンシャルオイルは、純度100%以外のものは身体に悪影響を与える事もあるのでよく確認してください。

普段の生活も辛い時は?我慢をしないで、病院へ行こう!

普段の生活の中で、自分の出きる事をしてもよくなら無い時や生活に支障が出ている時等には更年期障害と諦める事をしないで病院へ行きましょう。

病院での治療は

婦人科へ受診して、必要に応じて検査をした後に更年期の更年期障害であると診断された後女性ホルモンを補充するという「ホルモン補充療法」をはじめとした治療が始められます。

方法は、注射や飲み薬、貼り薬そして塗り薬とありますので患者さんの状況や希望に合わせてドクターと、相談の上決められると良いでしょう。

本当に更年期障害の関節痛?病気が隠れている!

時期的に更年期に入ってから始まる関節痛については、更年期障害によるものと自己判断しやすいのですが、本当にその症状は更年期障害によるものでしょうか?似ている病気もありますので病院での受診する事も大切です。

考えられる病気とは

関節痛と似た症状の、手のこわばりや関節の痛みがあるものに関節リュウマチというものがあります。朝にこわばる事が長く続いたり、昼間でも痛みが続くような事がある時には日々の生活でのストレスも原因になりますので、一度整形外科を受診される事をお薦めします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?更年期の関節痛について症状やその時の対応をご案内させて頂きましたが、お役に立てて頂けましたでしょうか?

関節痛の痛みで苦しいのが、更年期の為でこの時期を過ぎればラクになれると考え我慢している方も少なくはないのでしょうか?

症状が、手や足に出る事が多いので普段の生活に支障が出る事も少なくないので、ストレスを溜めやすく、悩んでいる方も多いのです。

我慢して、悪化させると事のないように対応をキチンと取り、必要に応じて病院へ受診される事をお薦めします。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ